メインメニューを開く

少帝(しょうてい)は、南朝の第2代皇帝。姓は劉、名は義符、小字は車兵。

少帝 劉義符
第2代皇帝
王朝
在位期間 422年6月26日 - 424年7月7日
姓・諱 劉義符
諡号 少帝
生年 406年義熙2年)
没年 424年8月4日景平2年6月24日
武帝
張夫人
后妃 司馬皇后
年号 景平 : 423年 - 424年

406年劉裕張夫人のあいだの長男として京口で生まれた。415年、豫章公世子に立てられた。416年12月、宋公世子となった。419年12月、宋王太子となった。420年6月に武帝(劉裕)が皇帝に即位すると、8月に義符は皇太子として立てられた。422年5月、武帝が死去すると、義符が皇帝として即位した。中書監の傅亮司空徐羨之、領軍将軍謝晦らが少帝(義符)を補佐した。また武帝の死を聞いて北魏の軍が侵攻してきたが、423年4月に檀道済が北伐して虎牢で魏軍を撃破した。少帝は武帝の喪中にあっても礼を守らず、側近たちと馴れ合い、遊戯に節度がなかったため、宋朝の諸官らの失望を買った。424年5月、徐羨之らは皇太后の令と称して少帝を退位させた。徐羨之らは少帝の弟の劉義隆(文帝)を即位させた。

退位した少帝は、営陽王に封じられ、東宮に身柄を移され、さらに呉郡に移されて金昌亭に幽閉された。6月、徐羨之の派遣した中書舎人邢安泰の手によって殺害された。

先代:
武帝
宋(劉宋)皇帝
第2代:422年 - 424年
次代:
文帝