少林寺 (各務原市)

岐阜県各務原市にある寺院

少林寺(しょうりんじ)は、岐阜県各務原市那加新加納町にある臨済宗妙心寺派の寺院である。

少林寺しょうりんじ
Shorin-ji temple, Kakamigahara, 2017.jpg
所在地 岐阜県各務原市那加新加納町2104-1
位置 北緯35度23分52.2秒 東経136度49分16.9秒 / 北緯35.397833度 東経136.821361度 / 35.397833; 136.821361座標: 北緯35度23分52.2秒 東経136度49分16.9秒 / 北緯35.397833度 東経136.821361度 / 35.397833; 136.821361
山号 龍慶山
宗派 臨済宗妙心寺派
本尊 聖観世音菩薩
創建年 1311年応長元年)
中興年 1499年明応8年)
中興 東陽英朝
正式名 龍慶山少林寺
札所等 美濃四国28番
法人番号 5200005002462 ウィキデータを編集
少林寺の位置(岐阜県内)
少林寺
少林寺
少林寺 (岐阜県)
テンプレートを表示
少林寺跡地の案内板(川島町)

概要編集

山号は龍慶山。

本尊聖観世音菩薩

美濃四国札所第二十八札所。美濃四観音の一つ。

沿革編集

鎌倉時代1311年応長元年)、尾張国葉栗郡小網島村(後の岐阜県羽島郡川島町、現在の各務原市川島小網町)に臨済宗南禅寺派の寺院として、夢窓疎石が開山する。かなり大規模な伽藍と伝えられている。しかし、この地は尾張国と美濃国の境付近で、しばしば境川(現木曽川)の氾濫に悩まされており、1325年正中2年)には洪水により大きな被害を受けたという。

やがて幾度かの洪水の影響で荒廃するが、1499年明応8年)、薄田祐貞らの手で臨済宗妙心寺派の寺院として再興され、新加納(現在の各務原市那加新加納町)に移転する。

1563年永禄8年)、織田信長の美濃攻め(新加納の戦い)により焼失。関ヶ原の戦い後、松倉城城主の坪内利定羽栗郡各務郡を治める大身旗本となると、新加納に陣屋を築く。この際、少林寺を坪内氏の菩提寺として再建する。

 
旗本坪内家墓所

文化財編集

岐阜県指定重要文化財
  • 紙本墨書東陽英朝筆辞世偈[1]
岐阜県指定史跡
  • 東陽英朝禅師塔所[2]
各務原市指定文化財
  • 旗本坪内家墓所(史跡)[3]
  • 稲荷堂(建造物)[3]
  • 東陽英朝禅師頂相(絵画)[3]
  • 本国加州富樫庶流坪内家一統系図並由緒(典籍)[3]

交通アクセス編集

その他編集

旧少林寺跡は、岐阜県消防学校の敷地、及びその北の木曽川河川敷にあたる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 紙本墨書東陽英朝筆辞世偈”. 岐阜県. 2013年5月13日閲覧。
  2. ^ 東陽英朝禅師塔所”. 岐阜県. 2013年5月9日閲覧。
  3. ^ a b c d 市指定文化財”. 各務原市 (2013年2月12日). 2013年5月9日閲覧。