メインメニューを開く

尚 泰王(しょう たいおう、1843年8月3日道光23年7月8日) - 1901年明治34年)8月19日)は、第二尚氏王統第19代にして最後の琉球国王(在位:1848年6月8日 - 1872年10月16日)、後に日本華族として琉球藩王(在位:1872年10月16日 - 1879年4月4日)、侯爵。童名は思次良金。父は、第18代国王尚育王

尚 泰王
しょう たいおう
琉球国王琉球藩王
Sho Tai.jpg
尚泰王(晩年)
在位 琉球国王:1848年6月8日 - 1872年10月16日
琉球藩王:1872年10月16日 - 1879年4月4日
別号 思次良金(幼名
朝憲(名乗

全名 尚泰
出生 1843年8月3日
道光23年7月8日
Flag of Ryukyu.svg 琉球王国首里
(現:日本の旗 日本、沖縄県那覇市
死去 (1901-08-19) 1901年8月19日(58歳没)
日本の旗 日本東京府東京市麹町区
(現:東京都千代田区
埋葬 1901年8月29日
日本の旗 日本沖縄県首里区金城、玉陵
(現:沖縄県那覇市首里金城町)
配偶者 章氏思真鶴金・佐敷按司加那志(妃)
  真鶴金・松川按司(夫人)
  真鶴金・平良按司(夫人)
子女
王朝 第二尚氏
父親 尚育王
母親 佐敷按司加那志元貞
テンプレートを表示
尚泰侯の葬儀

生涯編集

1848年6月8日道光28年5月8日)にわずか4歳(数え年では6歳)にして即位した。

1853年咸豊3年)にはペリーが琉球に来航し、翌1854年琉米修好条約を締結した。さらに、1855年には琉仏修好条約1859年には琉蘭修好条約を結んだ。

元来、琉球は薩摩藩の附庸国かつの朝貢国として一定の独自性を保っていたが、他府県の廃藩置県も済んだ翌年の1872年同治11年、明治5年)に、日本は琉球国王尚泰を琉球藩に封じて華族とし、東京に藩邸を与えた。そうして1879年光緒5年、明治12年)の琉球処分により琉球藩に沖縄県が設置されると、藩王の地位は無くなり居城の首里城も出ることとなり、琉球藩は消滅した。尚泰たちは琉球王家の屋敷の一つ中城御殿に移ったが、明治政府より東京移住を命令され、華族として東京へ居を移した。次男の尚寅、四男の尚順は後に沖縄に帰ってきている。

のち華族令の発令に伴って尚泰は侯爵となった。1901年(明治34年)に急性胃腸カタルのため59歳で没[1]。墓所は沖縄県那覇市の琉球王家の陵墓・玉陵(たまうどぅん)。なお、尚家は現在も存続している。

命どぅ宝」は尚泰王の言葉と言われることもあるが、実際には後年創作された演劇中のセリフである。

栄典編集

冊封使(1866年)編集

  • 正使:趙新(右春坊右賛善)
  • 副使:于光甲(内閣中書舎人)

家族編集

  • 父:尚育王
  • 母:元貞(尚育王妃・佐敷按司加那志)
  • 妃:章氏思真鶴金・佐敷按司加那志(号は賢室)
  • 夫人
    • 真鶴金・松川按司(父は毛其昌・美里親方安綱)
    • 真鶴金・平良按司(父は高宮城親方朝功)
    • 山本テウ
    • 片山テイ
    • 松本コウ
    • 田中コウ
    • 神田ナツ
    • 田中ハナ
  • 子女
    • 長男:尚典中城王子朝弘
    • 次男:尚寅、宜野湾王子朝広(宜野湾御殿一世)
    • 三男:尚興(享年2、母は松川)
    • 四男:尚順、松山王子(松山御殿一世)
    • 五男:尚秀(1889年 - ?、最初、美鳩御殿(みはとうどぅん)の敬称あり[7]。後、玉城御殿の養子となり玉城尚秀を名乗る。)
    • 六男:尚光
    • 七男:尚時
    • 長女:真鶴金・津嘉山翁主(護得久朝惟に嫁ぐ)
    • 次女:真鍋樽・安室翁主
    • 三女:牧志翁主
    • 四女:嘉手苅翁主
    • 五女:政子(漢那憲和に嫁ぐ)
    • 六女:八重子(東逸泉に嫁ぐ)
    • 七女:千代子
    • 八女:君子
    • 九女:小夜子
    • 十女:鈴子
    • 十一女:貞子

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)15頁
  2. ^ 太政官修史館明治史要』巻13、18頁-近代デジタルライブラリー
  3. ^ 官報』第549号、1885年5月4日。
  4. ^ 『官報』第1351号「叙任及辞令」1887年12月28日。
  5. ^ 『官報』第4200号「叙任及辞令」1897年7月3日。
  6. ^ 『官報』第5441号、1901年8月21日。
  7. ^ 楢原翠邦編『沖縄県人事録』1916年、496頁参照。

関連項目編集

日本の爵位
先代:
叙爵
侯爵
尚家初代
1885年 - 1901年
次代:
尚典
その他の役職
先代:
尚育
第二尚氏当主
第19代:1848年 - 1901年
次代:
尚典