メインメニューを開く

尚純

琉球第二尚氏王統11代尚貞王の長男
尚純

尚 純(しょう じゅん、1660年2月15日順治17年1月5日)- 1707年2月2日康熙45年12月23日))は琉球第二尚氏王統11代尚貞王の長男。童名を思徳金といい、世子であり中城王子を称した。父王:尚貞より先に薨じてしまい、王位を継ぐことはなかったが、尚純の長男:尚益が12代王になると、王号を追贈された。

中山世譜』に聡明で学問を好んだと記されており、『中山詩文集』には尚純の絶句「咏双松」が収録されている。

歴代王が眠る墓所、玉陵に葬られた。

系譜編集

父:尚貞王の長男として生まれる(母は月心)。一妃四妻があり三男一女をもうけた。妃との子は一人だけであるが、それが長男:尚益で、のち12代国王となった。

家族表編集

経歴(月日は旧暦)編集

  • 1660年順治17)1月5日 生まれる。
  • 1669年康熙8)2月6日 佐敷間切総地頭となる(→佐敷王子)
  • 1670年(康熙9)2月 中城間切を加領される(→中城王子)
  • 1676年(康熙15)5月8日 久米具志川間切を加領される。
  • 1678年(康熙17)10月25日 長男:尚益が生まれる。
  • 1689年(康熙28)12月28日 采地を交換する(佐敷間切→久米仲里間切)。
  • 1691年(康熙30)8月4日 長女:思真鶴金・国場翁主が生まれる。
  • 1693年(康熙32)6月11日 次男:尚監・野国王子朝直が生まれる。
  • 1702年(康熙41)8月17日 三男:尚盛・越来王子朝得が生まれる。
  • 1706年(康熙45)12月23日 亡くなる(享年47)。