尹美香

韓国の活動家、随筆家

尹 美香(ユン・ミヒャン、朝鮮語: 윤미향1964年10月23日 - )は、韓国の活動家。日本軍慰安婦支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)の前代表。「共に民主党」の国会議員。

経歴編集

1964年10月23日、慶尚南道 南海郡生まれ。韓神大学校卒業後、梨花女子大学校大学院でキリスト教学科修了、同大学の社会福祉大学院で修士号を取得。

1992年日本軍慰安婦を支援する韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)発足時に幹事として参加。

2008年~2020年、挺対協と後の正義連でそれぞれ常任代表と理事長などを歴任[1]

2020年4月15日に投開票された第21代総選挙で、革新系与党の比例政党である「共に市民党」から名簿順位7位で擁立され比例代表で当選[2]。同年5月13日「共に市民党」は「共に民主党」に吸収され、与党である「共に民主党」の国会議員となる。

行動と批判編集

ソウルの日本大使館前で毎週水曜日に日本に対する慰安婦問題の抗議活動(水曜デモ)を主催している[3]

「20年間の水曜日」(東方出版[4]を著すが、東京基督教大西岡力教授は、この書籍中の「元慰安婦女性の証言」には裏付ける資料が示されておらず、慰安婦本人からの確認すらない虚偽の内容と批判している[5][6][7]

1997年1月に元慰安婦とされる7人が日本政府によるアジア女性基金を受領した事実が明らかになると「ごく少数のおばあさんの行動は他の多くのおばあさんにさらに屈辱的だ」とした。挺対協は彼女らを裏切り者認定し、元慰安婦の認定から排除、他の慰安婦らには基金を受けとらないとする念書に印鑑を押せと迫った。他の元慰安婦される54人はそれを恐れ、基金を非公開で受理した。7人のうちのソク・ボクスン2005年死亡)は「私たちは年を取ってどんどん死んでいく。どこからであれ、くれるお金を受け取って使って死にたい。多数(の慰安婦)がこうだ…。おばあさんたちの要求は無理でもなく、そこで今度はまた挺対協で(アジア女性基金を)与えるなと日本に噂を言いふらしたんだ」「何であれ何千万ウォンもくれるなら、そのままおばあさんたちがもらえるよう放っておけばいいのに…おばあさんたちはみんな死にかかっているじゃないか。ところが募金を受け取るな、それを受け取れば汚い金だ、売女だ、こうした耳障りなことばかり言う」と証言していた[8][7][9][10][11][12]

2012年に渡米し、国連人権理事会で米国など各国代表が日本軍慰安婦問題を提起することを要求する要請書を米国大使館側に手渡した[13]

2016年慰安婦問題日韓合意により設立された和解・癒やし財団が元慰安婦に対して償い金の支給活動を始めた際には、アジア女性基金の時のように元慰安婦を集めて受け取りを拒否するように再び迫った。元慰安婦らの一部はこれを恐れ、支援団体管理下に居ながら隠れて受給することを、信頼できる元慰安婦に明かした[7][14][15][16]

2020年3月に尹美香はソウル市の支援金を挺対協とその後身で事実上同一団体である正義記憶連帯の両団体の代表として重複申請し、審議過程で摘発された。市の審議委員会は「同一団体が支援金を重複受領するために不正な方法を用いた」との結論を下した。アジア太平洋戦争犠牲者韓国遺族会メンバーの一人は、挺対協は元慰安婦などの被害者を常に利用してきたこと、韓国政治も挺対協の活動を優遇し、被害者そのものへの対応を後回しにしてきたこと、アジア女性基金を潰し、和解・癒やし財団を解散に追い込むなど常に慰安婦問題の解決への道を妨げてきたと批判している[17]

2020年5月7日「自分は挺対協に利用された」「義援金が被害者に使われたことはない」「28年間にわたり続けてきた水曜集会(旧日本軍慰安婦問題の解決を求めて毎週水曜に開かれる定期デモ)に、これ以上参加しない」と主張した李容洙と関連して、所属する「共に市民党」のウ・ヒジョン代表は8日、「当党が把握したことによると、李さんの周辺にいらっしゃる方によって少し記憶が歪曲されたようだ」と話した[18]。同日、尹美香は自身のFacebookに「1992年に申告電話をかけてきた時、私はオフィスで電話を受け、蚊の音ほどの声で震えながら、『私は被害者ではなく、私の友達が…』と話し出した当時の状況を昨日のことのように覚えている」と書いた[19][20]

2020年5月9日、韓国の50以上の慰安婦関連団体は、「少数の慰安婦を懐柔して反日に利用した」、「反米運動の先鋒を務めながら、娘を米国に留学させた」、「夫が軍事機密提供の見返りに在日親北朝鮮団体から工作金を受け取った」、「夫が運営するネットメディアに挺対協が広告を掲載していた」、として、尹の当選辞退を要求する声明を出した[21][22][23]。デタラメな証言集を売っていたこと、慰安婦らの反対にも関わらず対米アピールのために「慰安婦を性奴隷だ」と主張していたこと、寄付金の5%未満しか慰安婦らに渡していなかったこと、韓国政府から支給された補助金である2017年の8500万ウォンと2018年の3億ウォンが会計帳簿で当該年度の補助金収入0ウォンにされているという組織会計がデタラメかつ不正だらけなこと、更に慰安婦のためとして、寄付金を個人口座で集めていたことなど大々的な横領など数々の悪事も発覚し、30年以上も慰安婦らを騙して利用してきたことから良心がないと指摘された[24][25][26][27][28][29]

2020年5月19日、大邱市内に滞在中の李容洙のもとを尹美香が関係者と共に突然訪問し、許しを請いたいとひざまずいて謝罪したが、李容洙は「何の許しを請うているのかわからない」と答え、一部マスコミが和解したとの報道に対して「許したことはない」と一蹴した[30][31]

疑惑編集

李容洙からの批判と、その後の韓国メディアによる追跡調査で数々の疑惑が持ち上がっている。

  • 国庫補助金の公示漏れ
  • 寄付金の私的利用や不透明な会計
  • 娘の米国大学への留学と費用の出処
  • 夫が運営するネットメディアに正義連の広告が多数掲載
  • 元慰安婦向け休養施設をめぐる不適切な使用と不当な売買契約
  • 自宅マンションを購入する際の資金の出処
  • 従北政権と北朝鮮の代理人として、反日プロパガンダで韓日分断工作

2020年8月13日、正義連の不正会計疑惑などについて捜査しているソウル西部地検は、5月に捜査に着手して以降初めて、尹美香を検察に出頭させて本人に対する取り調べを行った。一部の保守系韓国メディアは、正義連に対する捜査が遅々として進んでおらず、与党関係者の不祥事について、政府が事実上握りつぶそうとしているのではないかとの指摘もある[32][33]

2020年9月14日、ソウル西部地検は詐欺・準詐欺・業務上横領などの6つの容疑で在宅起訴した。また、所属する共に民主党は15日、尹美香の党職を停止すると明らかにした[34]

親族編集

1993年に夫とその妹がスパイ事件で摘発され有罪となった。韓国の治安当局は、尹美香の近親者が北朝鮮のスパイである事と、挺対協の活動との関連に注目し、動静を注視しているという[35]2020年李容洙は「尹美香に、刑務所にいる夫の嘆願書を書いてくれと言われた」と告発した。尹美香らは韓国世論や裁判所の同情を得やすくするために、スパイ罪をよく分かっていなかった慰安婦らに嘆願書の提出、刑務所訪問や慰労に慰安婦を利用していたことが発覚した[36]

脚注編集

  1. ^ 「慰安婦団体の情報誌編集会社代表は元慰安婦団体代表である尹美香氏の夫」” (日本語). 中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします. 2020年6月27日閲覧。
  2. ^ “慰安婦支援団体の前代表当選 韓国総選挙”. 日本経済新聞. (2010年4月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58111990W0A410C2EAF000/ 2020年5月10日閲覧。 
  3. ^ 『20年間の水曜日―日本軍「慰安婦」ハルモニが叫ぶゆるぎない希望』 著者略歴より
  4. ^ 日本図書館協会の選定図書に指定されている。
  5. ^ 産経新聞「日本が強制連行、殺害」断定の韓国慰安婦本 図書館協会が推奨 2012.7.7 02:07
  6. ^ 元慰安婦語って、一儲け・二儲け「鬼畜の韓国・人権団体」実態は詐欺師集団か!|ニフティニュース” (日本語). ニフティニュース. 2020年5月21日閲覧。
  7. ^ a b c 晋一郎, 赤石. “日韓合意めぐる嘘が明らかに 「元慰安婦は政治利用された」当事者が告発”. 文春オンライン. 2020年5月21日閲覧。
  8. ^ 慰安婦被害女性ら、日本からの支援金受け取ると「裏切り者」の烙印” (日本語). 中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします. 2020年5月21日閲覧。
  9. ^ 慰安婦被害者の証言「挺対協が汚い金を受け取るなと言った」(中央日報日本語版)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年5月21日閲覧。
  10. ^ 정대협, 남산 기림비에 박복순 할머니 이름도 누락…무슨일?” (朝鮮語). news.naver.com. 2020年5月21日閲覧。
  11. ^ 慰安婦被害者「私の血の代償なのに、韓国挺対協がなぜ日本のお金を受け取れないようにするのか」” (日本語). 中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします. 2020年5月21日閲覧。
  12. ^ 慰安婦被害者「テレビを見て『憩いの場』のことを知り、悔しくて身震いがした」(朝鮮日報日本語版)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年5月21日閲覧。
  13. ^ ハンギョレ 2012/10/04 [1]
  14. ^ 韓国の反日左翼が狙う「南北統一の金ヅルは日本」”. JB PRESS (2019年5月8日). 2019年5月20日閲覧。
  15. ^ 慰安婦被害者の証言「挺対協が汚い金を受け取るなと言った」(中央日報日本語版)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年5月21日閲覧。
  16. ^ 慰安婦被害者の李容洙さん「尹美香は良心もない、ありのままに話すべき」(1)” (日本語). 中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします. 2020年5月21日閲覧。
  17. ^ 慰安婦支援団体代表が韓国選挙に与党から出馬へ 突然の政界転身の理由 (4/4)” (日本語). 文春オンライン. 赤石晋一郎. 2020年5月10日閲覧。
  18. ^ https://japanese.joins.com/JArticle/265739
  19. ^ 尹美香「イ・ヨンス氏”慰安婦被害者は私ではなく友達…”と電話」2020.05.08|9:20|朝鮮日報
  20. ^ 「共に市民党」公認漏れ団体が李容洙さんをけしかけたって?” (日本語). Chosun Online. 朝鮮日報 (2020年5月9日). 2020年5月10日閲覧。
  21. ^ [단독 日 강제동원 피해자 단체들 "윤미향 사퇴하라"]” (朝鮮語). news.naver.com. 2020年4月13日閲覧。
  22. ^ 韓日合意金10億円、知っていたのに慰安婦被害者に言わなかったのか (1/2)” (日本語). Chosun Online. 朝鮮日報 (2020年5月9日). 2020年5月10日閲覧。
  23. ^ 韓日合意金10億円、知っていたのに慰安婦被害者に言わなかったのか (2/2)” (日本語). Chosun Online. 朝鮮日報 (2020年5月9日). 2020年5月10日閲覧。
  24. ^ 【社説】尹美香の個人名義口座で慰安婦寄付金受け取り、公然と横領していたのか(朝鮮日報日本語版)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年5月15日閲覧。
  25. ^ 慰安婦支援団体の正義連、国家補助金3億8500万ウォン受け取りながらも会計帳簿には「0」(中央日報日本語版)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年5月15日閲覧。
  26. ^ 慰安婦被害者の李容洙さん「尹美香は良心もない、ありのままに話すべき」(2)(中央日報日本語版)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年5月15日閲覧。
  27. ^ 元慰安婦のイ・ヨンスさん 「慰安婦団体に利用された 募金も何に使われてるか不明」と怒りを暴露” (日本語). ニコニコニュース. 2020年5月15日閲覧。
  28. ^ 元慰安婦支援団体、強まる批判 資金疑惑 韓国で波紋” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年5月15日閲覧。
  29. ^ 慰安婦被害者の李容洙さん「尹美香にこれ以上だまされない」 4月にも会見” (日本語). 中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします. 2020年5月15日閲覧。
  30. ^ 尹美香氏がひざまずいて謝罪 慰安婦被害者「許したことはない」=韓国” (日本語). 聯合ニュース. 2020年5月21日閲覧。
  31. ^ 「尹美香氏、突然ホテルの部屋に押しかけてきて…李容洙さんの手が震えていた」” (日本語). 中央日報. 2020年5月22日閲覧。
  32. ^ 慰安婦団体前代表 不正疑惑巡り14時間半の取り調べ受ける=韓国” (日本語). 聯合ニュース. 2020年8月16日閲覧。
  33. ^ 「ナヌムの家」と「尹美香正義記憶連帯」、あまりにも違う調査” (日本語). 朝鮮日報. 2020年8月16日閲覧。
  34. ^ 韓国与党、尹美香氏を党職停止 慰安婦寄付の不正流用” (日本語). 産経新聞. 2020年9月20日閲覧。
  35. ^ 慰安婦問題 日韓歩み寄りを妨害する韓国の親北勢力と北朝鮮(3/5ページ) MSN産経ニュース、2012年9月23日
  36. ^ 慰安婦被害者の李容洙さん「尹美香、刑務所にいる夫の嘆願書を書いくれと言った」(中央日報日本語版)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年5月15日閲覧。