メインメニューを開く

尼崎西宮芦屋港(あまがさきにしのみやあしやこう)は、兵庫県尼崎市西宮市芦屋市にわたる重要港湾である。港湾管理者は兵庫県。

概要編集

阪神工業地帯に隣接した商工業港である。2003年(平成15年)の入港船舶総数は7,785隻、取扱貨物量合計は5,903,406トン。

港則法・関税法上は神戸港大阪港堺泉北港とあわせて阪神港と称されている。

この港は、仮名読みでは日本で最も長い名前の港である。また、防波堤の長さ(西宮防波堤:4,433m)も日本一であったが、現在は常陸那珂港にその座を譲った。

歴史編集

  • 1969年(昭和44年) - 重要港湾の尼崎港、地方港湾の西宮港、56条港湾の芦屋港が統合される。
  • 1994年(平成6年) - 動物検疫港に指定される
  • 1998年(平成10年) - 尼崎地区が運輸省よりエコポートモデル港に指定される。旅客航路(西宮港 - 津名港淡路島))が廃止される。

港湾施設編集

所轄地区編集

尼崎港区(エコポートモデル港)
  • 丸島地区
  • 末広地区
  • 東海岸町沖地区
西宮港区
芦屋港区
  • 芦屋沖地区

関連施設編集

外部リンク編集