尾上 松助(おのえ まつすけ)は、歌舞伎役者の名跡屋号音羽屋定紋は抱き若松。

抱き若松
  • 二代目 尾上松助
    • 初代の養子、1784–1849。実家は江戸小伝馬町の建具屋。 作家や裏方と協力して創意工夫を重ね、江戸歌舞伎の型を整理。
    • 尾上新三郎 → 初代尾上榮三郎 → 二代目尾上松助 → 三代目尾上梅幸 → 三代目尾上菊五郎 → 菊屋萬平(舞台引退後)→ 初代大川橋蔵(舞台復帰後)
  • 三代目 尾上松助
    • 二代目の長男、1805–51。
    • 尾上朝太郎 → 二代目尾上榮三郎 → 三代目尾上松助 → 大川三朝
  • 五代目 尾上松助
    • 五代目尾上菊五郎の門人、1887–1937。
    • 尾上菊松 → 尾上伊三郎 → 五代目尾上松助