尾上梅幸 (7代目)

1915-1995, 歌舞伎役者

七代目 尾上 梅幸(しちだいめ おのえ ばいこう、1915年大正4年)8月31日 - 1995年平成7年)3月24日)は、歌舞伎役者。屋号音羽屋定紋重ね扇に抱き柏、替紋は四ツ輪日本芸術院会員、重要無形文化財保持者(人間国宝)。本名は寺島 誠三(てらしま せいぞう)。

しちだいめ おのえ ばいこう
七代目 尾上 梅幸
Baikō Onoe VII as Takechi Jūjirō.jpg
『絵本太功記』の武智十次郎
屋号 音羽屋
定紋 重ね扇に抱き柏 Kasane Ōgi ni Daki Gashiwa inverted 3.png
生年月日 1915年8月31日
没年月日 (1995-03-24) 1995年3月24日(79歳没)
本名 寺島 誠三
襲名歴 1. 四代目尾上丑之助
2. 三代目尾上菊之助
3. 七代目尾上梅幸
俳名 扇舎
別名 藤間勘九郎(舞踊名)
六代目尾上菊五郎(養父)
兄弟 徳大寺伸(実兄)
二代目尾上九朗右衛門(養家)
二代目大川橋蔵(養家)
珠子
七代目尾上菊五郎

来歴・人物編集

 
1947年

赤坂の芸者で、のちに料亭「金林」を経営していた寺田きんの三男として生まれる。父は九州博多出身の実業家という。また一説には、兄の徳大寺伸とともに六代目菊五郎が実父であるともいう。誕生前からの約束で、生後すぐに当時子のいなかった六代目尾上菊五郎の養子となる。のちに養父六代目は愛人(1946年に後妻となる)との間に1男2女をもうけるが、実子同様に育てられたため、本人が養子であることを知ったのは15歳を過ぎてからだという。二代目尾上九朗右衛門二代目大川橋蔵は弟で(ただし2人とは血がつながっていない)、十七代目中村勘三郎六代目清元延寿太夫は義弟、十八代目中村勘三郎七代目清元延寿太夫丹羽貞仁は甥、波乃久里子は姪にあたる。

幼時から六代目の薫陶を受け、その芸系を受継いだ。1921年大正10年)四代目尾上丑之助を名乗って初舞台、1935年(昭和10年)に三代目尾上菊之助を襲名。1948年(昭和23年)に六代目尾上梅幸未亡人のたっての希望で七代目尾上梅幸を襲名。襲名披露興行における『仮名手本忠臣蔵』の大星力弥文部大臣賞を受賞した。1966年(昭和41年)日本芸術院賞受賞[1]1968年(昭和43年)、重要無形文化財保持者各個認定(人間国宝)をうける。1976年(昭和51年)、日本芸術院会員。1987年、勲三等瑞宝章受章[2]1994年(平成6年)、文化功労者

七代目尾上菊五郎は長男。他に長女と次男がおり、次男も二代目尾上栄之助として歌舞伎の舞台を踏んだが、1979年(昭和54年)2月の舞台を最後に廃業している。俳優の徳大寺伸は実兄。孫は女優の寺島しのぶ五代目尾上菊之助。1995年(平成7年)3月24日死去。享年79。

芸風編集

昭和を代表する女形で、六代目中村歌右衛門と並び称された。古風な面長の美貌を持つ歌右衛門が、時代物を得意とし、重厚な芸風であったのに対し、丸顔でふっくらとした面差し・体つきであった梅幸は、世話物のすっきりとした演技に本領を発揮した。娘役では清楚さが際だち、中年以降の役どころでは母性ややさしさを感じさせた。また、父・六代目菊五郎の薫陶によって若衆役も得意とし、特に貴公子では気品のただよう演技を見せた。『忠臣蔵』の判官などは立役の代表作と言える。

当たり役編集

丸本物

そして無類の貴公子ぶりを謳われた

など。

世話物

を得意とした。

舞踊

など数多くの当たり役がある。

テレビ

著書編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 『朝日新聞』1966年4月7日(東京本社発行)朝刊、14頁。
  2. ^ 「秋の叙勲に4575人 女性が史上最高の379人」『読売新聞』1987年11月3日朝刊

外部リンク編集