メインメニューを開く

尾崎 散木(おざき さんぼく、元禄16年(1703年) – 安永5年2月5日1776年3月24日))は、江戸時代中期の日本の書家篆刻家である。

を樗、散木は。南龍とした。浪華の人。

略伝編集

父清兵衛、母相馬氏の子として生まれる。新興蒙所の高弟となり佚山と並び称されその書名が高かった。蘐園学を河鹿門(河野恕斎?)に学び、その後老荘思想に傾注しに参じた。石見津和野藩主亀井矩貞が散木の書風を敬慕し書の師として招聘した。剣術弓術をはじめ篆刻・琴・菊花(園芸)や養禽などの諸芸に通じた。享年74。墓所は浄春寺(大阪市天王寺区)。自印譜に『南龍先生印譜』がある。

出典編集

  • 三村竹清『近世能書伝』二見書房、昭和19年。

関連項目編集