尾崎 野乃香(おざき ののか、2003年3月23日 - )は、日本の女子レスリング選手。東京都足立区出身。階級は57kg級[1]

獲得メダル
日本の旗 日本
女子 レスリング・フリースタイル
ユースオリンピック
2018 ブエノスアイレス 57kg級
世界カデット選手権
2018 ザグレブ 57kg級
2019 ソフィア 61kg級

来歴編集

女子レスリングでオリンピック3連覇を達成した吉田沙保里に影響されて、シドニーオリンピックのレスリングフリースタイル63㎏代表で総合格闘家宮田和幸が主宰するBRAVE GYMでレスリングを始めた。それまではヒップホップダンステニスをしていた。「これが一番合っている」と本人が語っているようにめきめき頭角を現すと、男子よりも速いと言われる高速タックルやアンクルホールドなどを武器に、小学校5年から全国少年少女選手権大会で2連覇を達成した[2][3][4]

成城学園中学へ入学すると、1年の時には全国中学生選手権40㎏級で2位になった[1]。2年の時には全国中学生選手権の44㎏級で優勝した[1]。3年の時には全国中学生選手権の52㎏級で優勝した。また、ジュニアクイーンズカップ中学生の部、全日本女子オープン選手権(中学生の部)、全国中学選抜選手権でも優勝を果たした[1]。さらには、クリッパン女子国際大会カデットの部53kg級では全試合を1分以内にテクニカルフォール勝ちして最優秀選手に選ばれた[5]

2018年にはJOCエリートアカデミーの所属になると、帝京高校へ通うことになった[1]。1年の時にはジュニアクイーンズカップ カデットの部57㎏級で優勝した[1]。アジアカデット選手権でも優勝すると、世界カデット選手権では全試合を1分以内にテクニカルフォール勝ちして優勝を飾った[6]。アルゼンチンのブエノスアイレスで開催されたユースオリンピックでは初戦のメキシコ戦で8-2からフォール勝ちすると、以降は決勝を含めて全試合を10-0のテクニカルフォール勝ちで優勝を飾った[7][8]。クリッパン女子国際大会カデットの部では61kg級に出場して2連覇した[1]。2年の時にはジュニアクイーンズカップカデットの部で優勝した[1]。世界カデットでは61㎏級に出場すると、全試合を10-0のテクニカルフォール勝ちして今大会2階級制覇した[9][10]

主な戦績編集

57kg級での戦績

61kg級での戦績

(出典[1]

脚注編集

外部リンク編集