メインメニューを開く
尾張名所圖會・巻七

尾張名所圖會』(尾張名所図会、おわりめいしょずえ)は、江戸時代末期から明治時代初期にかけて刊行された尾張国地誌

なお、本記事においては現在出版されている関連図書で「尾張名所図会」としていることから以降「図会」で表記し、「尾張名所図会附録」として知られる『小治田之真清水』についても触れる。

概要編集

尾張藩士で学者の岡田文園と、春日井郡枇杷島にあって枇杷島橋の橋守役を務めていた野口市兵衛家の8代目・野口梅居とが著し、尾張藩士で画家の小田切春江や春江の師に当たる森高雅が挿絵を描いたもので、尾張国八郡の名所が描かれた。全13巻。

天保9年(1838年)から天保12年まで約3年をかけて執筆され、天保15年(1844年)2月に前編7巻が刊行されたが、これによって野口家はその財産をほとんど使い果たしてしまったという[1]。このため後編6巻の刊行は明治13年(1880年)、愛知県の資金援助を受けて名古屋の書肆「永楽屋」[1][2]の片野東四郎の手で行なわれた。同誌は愛知県図書館名古屋市博物館などが収蔵している。

内容編集

前編編集

後篇編集

小治田之真清水編集

『小治田之真清水』(おわりだのましみず)は、文園によって尾張名所図会の補遺版として全8巻で編纂され、嘉永6年(1853年)に前編(4郡5巻)が刊行されたが、後編(4郡3巻)は文園が万延元年(1860年)に没したため草稿のままで完成せず、昭和5年(1930年)になって名古屋温古会により活版印刷で出版された。

その他編集

明治23年(1890年)に『尾張名所圖繪』(最後の文字が「会」ではなく「絵」になっている)という観光ガイドブックが出版されている。『尾張名所図会』との直接の関係は無いが、一部でこれとの表記の混乱が見られる。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b 前田、P.7
  2. ^ 本居宣長の「古事記伝」の刊行でも知られる。

外部リンク編集