尾張 浜主(おわり の はまぬし)は、奈良時代から平安時代初期にかけての貴族楽人[1]位階従五位下大戸清上らと、日本雅楽の形成に重要な役割を果たす。

経歴編集

孝謙朝天平勝宝元年〔749年〕 - 天平宝字2年〔758年〕)において『採桑老』を舞い、天皇のにより『蘭陵王』のを改めたという[2]

天長10年(833年仁明天皇即位大嘗祭において舞を舞う。承和3年(836年遣唐使に随行してに渡り、舞の誤謬を正し龍笛の底を極めて、承和6年(839年)8月に帰国したとする伝もある[3]。なお、同年正月に従五位下に叙せられている。

承和12年(845年)既に113歳の高齢であったが、大極殿で行われた最勝会に際して、舞(和風の長寿楽、別名「春鶯囀」[4])を製作し、自ら上表して演じることを請い、1000人を超える観覧者の前で舞った。フグの模様のようなシミがある老人の姿で、起居するのも困難な様子であったが、曲が流れると少年のように舞った。四方の観客は皆「浜主は本当のまさに伶人(楽舞の人)である」と言ったという[5]。その翌々日には仁明天皇に召されて清涼殿でも長寿楽を演じ、天皇は感心して誉め称え、左右の者は感涙し、天皇から御衣を下賜された[6]。翌承和13年(846年)再び天皇に召されて清涼殿で舞を舞い、天皇にその高齢を憐れまれて、内位の従五位下に叙せられている。

なお、愛国百人一首に「翁とて侘やは居らむ草も木も栄ゆる時に出でて舞ひてむ」の一首が採られているが、これは先述の承和12年(845年)の清涼殿での舞の後に詠んだものである。

官歴編集

続日本後紀』による。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 尾張氏の嫡流は奈良時代に宿禰姓を賜与されているため、尾張氏の庶流出身と思われるが、系譜については不明。
  2. ^ 『教訓抄』
  3. ^ 『続教訓鈔』
  4. ^ 『コンサイス日本人名辞典 改訂新版』(三省堂、1993年) p305
  5. ^ 『続日本後紀』承和12年正月8日条
  6. ^ 『続日本後紀』承和12年正月10日条

参考文献編集