尾澤正毅

日本の彫刻家

尾澤 正毅(おざわ まさき、1936年 - 2010年)は、日本彫刻家教育者教育学者美術教育)。福井大学名誉教授の「澤」は「沢」の旧字体のため、新字体尾沢 正毅(おざわ まさき)と表記されることもある。

尾澤 正毅
原語名 尾澤 正毅
(おざわ まさき)
生誕 1936年
日本の旗 長野県
死没 2010年
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京芸術大学
美術学部卒業
著名な実績 彫刻
代表作 『向』(1980年
『女83-1』
1983年
『胸像SF-84』
1984年
『清清』(1989年
民族 大和民族
活動期間 1950年代 - 2010年
影響を受けた
芸術家
石井鶴三

東京都公立高等学校講師、福井大学教育学部教授、福井大学教育地域科学部教授などを歴任した。

概要編集

長野県出身の彫刻家である[1]東京芸術大学美術学部を卒業後[1]、彫刻家として活動した。また、並行して、東京都公立高等学校にて非常勤で教鞭を執った[1]。のちに福井大学に奉職し[1]教育学部にて助教授教授を務め[1]、さらに教育地域科学部の教授を務めるなど、後進の育成にも力を注いだ。2005年国民文化祭では彫刻部門の審査員を務めており[2]福井県立美術館では実技講座専門彫刻の講師を務めるなど[3]地域社会芸術の振興にも力を尽くした。

来歴編集

生い立ち編集

1936年[1]長野県にて生まれた。長野県上田松尾高等学校にて学んだ[1][註釈 1]。長野県上田松尾高等学校を53期生として卒業した[4]。その後、上京して東京芸術大学に進学し[1]美術学部の彫刻科にて学んだ[1]。大学では同級生の横澤英一らとともに、石井鶴三の門下となった[1]

彫刻家として編集

大学卒業後は彫刻家として活動した。新垣純一岩村守大里八郎喜屋武貞男と五人展を開くなど[5]、精力的に活動した。また、東京都公立高等学校にて、講師非常勤で務めていた[1]

その後、福井大学常勤教官として採用され[1]教育学部助教授に就任した[1]。のちに教育学部の教授に昇任した[1]。なお、1999年には教育学部が教育地域科学部に改組されたが、引き続き勤務した。福井大学では24年間に渡って教鞭を執り[3]、後進の育成に尽くした。なお、広島市立大学[3]愛知県立芸術大学[3]、といった他の教育・研究機関においても、講師を非常勤で兼任した[3]2002年3月、福井大学を退職した[3]。退職に際して、福井大学より名誉教授称号が授与された[6]

なお、福井県芸術振興にも尽力した。1996年から2002年にかけて、福井県立美術館にて実技講座専門彫刻の講師を務めた[3]。福井大学を退職してからも福井県を度々訪れ[3]、「市美展ふくい」や「福井市彫刻のある街づくり」などに携わった[3]2005年に福井県で開催された国民文化祭では、彫刻部門において雨宮敬子加藤昭男中原佑介林武史とともに5名の審査員のうちの一人として名を連ねた[2]。また、長野県の芸術振興にも尽力した。出身地である上田市美術館建設研究委員会にて、荒井潤太田圭金子敏彦窪島誠一郎佐藤悦夫清水義博橋詰昌義米津福一とともに9名の委員の一人として名を連ねた。

2010年に死去した[3]

作風編集

専門は彫刻であり、石膏ブロンズテラコッタなどで全身像や半身像などを制作していた[1]。作風については、特に「『線』と『奥行き』にこだわって制作した」[3]と評されている。数多くの作品が公共の場にも設置されており、福井県においては、福井大学教育学部附属義務教育学校[3]鯖江市東陽中学校[3]、といった学校などに常設されている。

長野県においては、母校である長野県上田松尾高等学校の流れを汲む長野県上田高等学校に、『向』と題したブロンズ像が設置されている[1][4]。これは、同校の48期生が卒業30周年を機にブロンズ像の寄贈を計画し[4]、後輩である尾澤に制作を打診したものである[4]。その際、意気に感じた尾澤は母校のため無償で請け負ったため[4]、48期生は鋳造費と据付費の実費のみ支払い[4]1980年11月22日に除幕式が行われた[4]。また、出身地である上田市役所には、『清清』と題した像が設置されている[1][7]。これは、上田ライオンズクラブがブロンズ像の寄贈を計画し[7]、尾澤に制作を依頼したものであり[7]1989年9月26日に除幕式が行われた[7]

作品は上田市政施行70周年記念事業のアートフェスティバルにて展示されたこともあるが[1]、没後に大規模な遺作展が青木村郷土美術館にて開催された[1]福井市美術館においても、遺作展が開催された[6]。福井県立美術館においても、没後に「福井の彫刻・立体――尾澤正毅の世界」と題したテーマ展が開催されるとともに[3]、横澤英一、水谷たき余座正之による「彫刻とは何か?――尾澤正毅が問い続けた仕事」と題した座談会が開催された[3]

研究編集

専門は教育学であり、特に美術教育といった分野の研究に従事した[3]。福井県における美術教育について実地調査や研究を行い[3]論文等で発表している[3][8][9][10][11]

人物編集

は「尾澤」[3]であるが、標準漢字表や当用漢字表の導入により「澤」は「沢」の旧字体となったため、俗に「尾沢」[7]と表記されることも多い。論文などでも表記に揺れがある。なお、「小澤」[1]や「小沢」と表記されることもあるが、これらは明らかに誤字である。

略歴編集

著作編集

編纂編集

  • 尾沢正毅編『尾沢正毅作品選』尾沢正毅、2002年

論文編集

  • 尾沢正毅稿「『古式塑像』によせて」『心』34巻7-8号、心編集委員会、1981年7月、104-105頁。NCID AN00344732
  • 尾沢正毅ほか稿「福井県の窯を用いた美術教育の現状についての考察」『福井大学教育学部紀要』6部、14号、福井大学教育学部1996年、1-25頁。ISSN 13412884
  • 尾澤正毅ほか稿「学校教育における立体表現(彫刻等)の可塑性素材の使用について――福井県内を調査して」『福井大学教育実践研究』22号、福井大学教育学部附属教育実践研究指導センター1997年、331-347頁。ISSN 13427261
  • 尾澤正毅ほか稿「中学校における『彫り』を伴う立体構造活動の実施上の問題点と今後の方向性に関する考察――福井県内の中学校の調査より」『福井大学教育実践研究』24号、福井大学教育学部附属教育実践研究指導センター、1999年、115-134頁。ISSN 13427261
  • 尾澤正毅稿「自己を拓き、ともに生きる力を育む――総合学習と教科学習をつなぐ探究・表現・練り合いの力」『初等教育資料』739号、東洋館出版社2001年7月、265-271頁。ISSN 04465318

主な作品編集

脚注編集

註釈編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 長野県上田松尾高等学校は、のちに長野県上田高等学校の源流の一つとなった。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 「彫刻家、故・小澤正毅さん『彫刻遺作展』」『◆彫刻家、故・小澤正毅さん「彫刻遺作展」(28日まで・長野県、青木村郷土美術館) | 東信ジャーナル[Blog版]』東信ジャーナル、2012年10月25日
  2. ^ a b 第20回国民文化祭福井市実行委員会事務局「第20回《国民文化祭・ふくい2005》美術展作品募集のご案内」『第20回『国民文化祭・ふくい2005』美術展作品募集のご案内|福井市役所、第20回国民文化祭福井市実行委員会事務局のプレスリリースソーシャルワイヤー2005年6月15日
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 「テーマ展『福井の彫刻・立体――尾澤正毅の世界』」福井県立美術館編集『美術館だより』148号、福井県立美術館、2016年3月8日、6頁。
  4. ^ a b c d e f g h i 「48期生の近況」『同窓会報』15号、上田高等学校同窓会1981年5月10日、4面。
  5. ^ 「展覧会履歴」『展覧会履歴 | 喜屋武貞男公式ホームベージ』喜屋武貞男。
  6. ^ a b 「元福井大名誉教授・尾澤さん――市美術館で遺作展」『元福井大名誉教授・尾澤さん 市美術館で遺作展 | 福井大学福井大学
  7. ^ a b c d e f 「景観とマッチ…ブロンズ像」上田市秘書課編集『広報うえだ』1041号、上田市秘書課、1989年10月16日、7頁。
  8. ^ 尾沢正毅ほか「福井県の窯を用いた美術教育の現状についての考察」『福井大学教育学部紀要』6部、14号、福井大学教育学部1996年、1-25頁。
  9. ^ 尾澤正毅ほか「学校教育における立体表現(彫刻等)の可塑性素材の使用について――福井県内を調査して」『福井大学教育実践研究』22号、福井大学教育学部附属教育実践研究指導センター1997年、331-347頁。
  10. ^ 尾澤正毅ほか「中学校における『彫り』を伴う立体構造活動の実施上の問題点と今後の方向性に関する考察――福井県内の中学校の調査より」『福井大学教育実践研究』24号、福井大学教育学部附属教育実践研究指導センター1999年、115-134頁。
  11. ^ 尾澤正毅「自己を拓き、ともに生きる力を育む――総合学習と教科学習をつなぐ探究・表現・練り合いの力」『初等教育資料』739号、東洋館出版社2001年7月、265-271頁。

関連人物編集

関連項目編集

関連文献編集

  • ART BOXインターナショナル出版編集部企画・編集『現代日本の彫刻』1巻、ART BOXインターナショナル、2005年ISBN 4872987187