尾田賢典

日本の陸上選手

尾田 賢典(おだ よしのり、1980年12月5日 - )は、日本の男子陸上競技長距離走マラソン選手熊本県出身。2011年世界陸上大邱大会男子マラソン日本代表。 東洋大学日産自動車陸上競技部→西鉄陸上競技部に在籍していた尾田寛幸は弟である。

尾田 賢典
Yoshinori ODA
Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 尾田 賢典
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技
種目 長距離走マラソン
所属 トヨタ自動車
大学 関東学院大学
生年月日 (1980-12-05) 1980年12月5日(39歳)
生誕地 熊本県の旗熊本県山鹿市
身長 163cm
体重 49kg
引退 2015年
自己ベスト
1500m 3分49秒31 (2007年)
3000m 7分59秒45 (2007年)
5000m 13分42秒67 (2007年)
10000m 27分53秒55 (2010年)
ハーフマラソン 1時間01分41秒 (2009年)
マラソン 2時間09分03秒 (2011年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

大牟田高校を経て関東学院大学に進学。関東学院大学は陸上長距離の強豪ではなかったが、尾田はチームのエースとして箱根駅伝などで活躍した。箱根駅伝では、3年次に1区を走り区間5位、4年次には2区を走り区間9位ながら12人抜きの走りを見せた。

学生時代は関東インカレ2部の5000mと10000mで優勝した。また10000mで28分20秒台を出した[1]

大学卒業後、2003年にトヨタ自動車に入社、トヨタ自動車陸上長距離部に入部した。2004年にはアテネオリンピックのB標準を突破、兵庫リレーカーニバルでは三津谷祐佐藤敦之に次いで日本人3位となった[1]

当初はトラック種目での活躍が多く、日本選手権男子10000mには入社1年目から10年連続で出場した[1]

2010年のニューイヤー駅伝の後、アキレス腱と股関節を痛めて東京マラソンへの出場をあきらめた[1]

2011年元日のニューイヤー駅伝ではエース区間である4区を走り、トヨタ自動車の初優勝に貢献した。

その同年翌2月、東京マラソン2011で30歳にしてマラソンデビュー。レース後半では一時尾田が日本人首位を走っていたが、38Km付近で後方から猛迫した公務員ランナー・川内優輝に追い越され、日本人2着へ落ちた。それでも2時間09分03秒のゴールタイムでいきなりサブテン(2時間10分未満)をマークし、初マラソンとしては日本歴代3位の記録で走り男子総合4位に入賞、同年9月開催の世界陸上大邱大会・男子マラソン日本代表に初選出された[2]

しかし、世界陸上大邱大会男子マラソン本番では上位争いに加われず、2時間18分05秒のゴールタイムで日本人4番手の28位[3]に終わった。

その後も初マラソンの記録を越えることができず、2015年の別府大分毎日マラソンを最後に現役を引退した[4]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 遅咲きランナーのこだわり”. rikujouweb.com. 2015年6月27日閲覧。
  2. ^ 第66回福岡国際マラソン選手権大会 国内招待選手”. 九州朝日放送 (2012年). 2015年6月27日閲覧。
  3. ^ 当初、尾田の同大会男子マラソンは29着だったが、後年のドーピング再検査で4着だったモロッコ代表の選手が違反・失格と成った為、28位に繰り上がった。
  4. ^ 尾田感無量の引退 13位も「悔いない」”. 日刊スポーツ (2015年2月1日). 2015年6月27日閲覧。

外部リンク・参考編集