メインメニューを開く

尾縣 貢(おがた みつぎ、1959年6月29日 - )は、日本の陸上競技解説者・陸上競技選手・体育学者。元十種競技日本王者。体育科学博士。日本陸上競技連盟専務理事。筑波大学大学院人間総合科学研究科教授。

尾縣 貢
Mitsugi OGATA
Portal:陸上競技
選手情報
国籍 日本の旗 日本
種目 十種競技
所属 筑波大学
生年月日 (1959-06-29) 1959年6月29日(60歳)
生誕地 兵庫県加東郡滝野町
編集 テンプレートのヘルプを表示する

経歴編集

兵庫県加東郡滝野町(現在の加東市)出身。兵庫県立小野高等学校筑波大学卒業。

小野高校時代、全国高等学校総合体育大会陸上競技大会の110mHに出場。全国制覇を成し遂げた。筑波大学時代は、十種競技の日本のトップ選手として名をはせた。

現在は筑波大学教授として後進の指導に従事している。また、2011年より澤木啓祐の後を引き継いで日本陸上競技連盟専務理事に就任した。

また、新進気鋭の陸上競技解説者としても破竹の勢いを見せており、特に日本放送協会が放送する陸上競技の大会ではもっぱら尾縣が解説を行うことで知られる。競技者時代の専門は十種競技であるが、基本的に解説者は尾縣ひとりであるため、ハンマー投三段跳、中長距離走の解説も行う。解説者としては、軽妙なトークと深い薀蓄が持ち味。

主な解説大会編集

著作編集

関連書籍編集

関連項目編集

外部リンク編集