メインメニューを開く

尾花沢市立福原中部小学校

尾花沢市立福原中部小学校(おばなざわしりつ ふくはらちゅうぶしょうがっこう)は、2014年まで山形県尾花沢市にあった公立小学校である[1]。南北に長い尾花沢市の西部にあった。300mほどの直線距離のところを国道13号線や奥羽本線山形新幹線が走っていて、南東1㎞ほどのところに尾花沢市立福原中学校がある。少し離れた西側を蛇行する最上川酒田市に向かって北上する。140年の歴史があった。

尾花沢市立福原中部小学校
Fukuharachubusho.JPG
(廃)尾花沢市立福原中部小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 尾花沢市
閉校年月日 2014年3月
共学・別学 男女共学
所在地 999-4553
山形県尾花沢市大字野黒沢532-28
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

目次

概要編集

校舎の北側に校庭があり、更にその北側の「学校山」がシンボル的な存在であった。 学校行事では校内スキー大会があり、尾花沢市のスキー大会にも参加していた[1]。 児童会で国道と県道の交差点附近の緑地帯に花を植栽したり[2]、沿線沿いの清掃活動をしていた[3]

沿革編集

教育目標編集

たくましく生きる子どもの育成

  • 健やかな子ども
  • 学ぶ子ども
  • 心あわせる子ども[1]

アクセス編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集