尾藤正英

尾藤 正英(びとう まさひで、1923年9月1日[1] - 2013年5月4日[1])は、日本の歴史学者。東京大学名誉教授

目次

経歴編集

大阪府大阪市生まれ[1]1949年、東京大学文学部国史学科卒業[1]1958年名古屋大学文学部講師1962年1月、名古屋大学文学部助教授[1]。同年4月、東京大学文学部助教授を経て、1970年、東京大学文学部教授[1]1984年、定年退官し、千葉大学文学部教授[1]1988年川村学園女子大学文学部教授(1999年まで)[1]

専門は日本近世史、特に江戸時代の儒学者の思想研究。1962年に「幕藩体制の政治的原理と朱子学との関係に関する研究」により、名古屋大学から文学博士の学位を授与される[2]史学会理事長などを歴任し、2002年日本学士院会員

2013年5月4日 心不全のため死去[3]。89歳没。叙正四位

著書編集

  • 『日本封建思想史研究-幕藩体制の原理と朱子学的思惟』青木書店、1961年
  • 『大世界史16 閉ざされた日本』文藝春秋、1968年
  • 『日本の歴史19 元禄時代』小学館、1975年
  • 『江戸時代とはなにか 日本史上の近世と近代』岩波書店、1992年 のち岩波現代文庫
  • 『日本文化論』放送大学、1993年
  • 『日本文化の歴史』岩波新書、2000年
  • 『日本の国家主義 「国体」思想の形成』岩波書店、2014年 

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 尾藤正英, 大口勇次郎 & 高村直助 2014
  2. ^ 書誌事項(CiNii Dissertations)”. 国立情報学研究所. 2017年7月15日閲覧。
  3. ^ 訃報:尾藤正英さん89歳=東大名誉教授 毎日新聞 2013年5月9日