尾高惇忠 (実業家)

明治時代の日本の実業家

尾高 惇忠(おだか あつただ[2]文政13年7月27日1830年9月13日〉 - 明治34年〈1901年1月2日)は、日本豪農志士実業家富岡製糸場の初代場長、第一国立銀行仙台支店支配人などを務めた。ははじめ惇孝(あつたか)、後に惇忠と改めた[3]。惇忠の読みは「じゅんちゅう」とも[4][5]通称新五郎藍香(らんこう)。

おだか あつただ(じゅんちゅう)
尾高 惇忠
Odaka atsutada.jpg
晩年の尾高惇忠
(この画像では切り取られているが、右上の壁に貼られた紙に「尾高惇忠時年七十」と書かれている)
生誕 (1830-09-13) 1830年9月13日
日本の旗 日本武蔵国榛沢郡下手計村(現・埼玉県深谷市下手計
死没 (1901-01-02) 1901年1月2日(70歳没)
日本の旗 日本東京市深川区福住町(現・東京都江東区福住
別名新五郎(通称
藍香(号)
子行(
榛沢新六郎(変名)
時代江戸時代末期 - 明治時代
著名な実績富岡製糸場場長、第一国立銀行盛岡支店支配人・仙台支店支配人など
影響を受けたもの水戸学
影響を与えたもの渋沢栄一など
配偶者尾高きせ(先妻)、尾高よし(後妻)
子供尾高勝五郎保志、永田勇、木村ノブ、朝山トヨ、斎藤イキ、尾高次郎、尾高コト
養嗣子:尾高定四郎[1]
尾高勝五郎保孝
親戚渋沢栄一(従弟・妹の夫)、渋沢成一郎(従弟)、須永伝蔵(従弟)、穂積歌子(姪)、大川平三郎(甥)、渋沢元治(従甥)、諸井恒平(従弟)、諸井春畦(従弟)、諸井四郎(従弟)、諸井六郎(従弟)、尾高豊作(孫)、尾高朝雄(孫)、尾高邦雄(孫)、尾高尚忠(孫)
家族尾高長七郎(弟)、渋沢平九郎(弟)

人物・来歴編集

 
尾高惇忠の生家

岡部藩領の武蔵国榛沢郡下手計村(現・埼玉県深谷市下手計)に名主の尾高勝五郎保孝の子として生まれた[2]。惇忠は幼少時から学問に秀で、自宅に私塾の尾高塾を開き、17歳から幕末の頃まで近郷の子弟たちを集めて漢籍などの学問を教えた[6]。惇忠に教えを受けた一人が渋沢栄一である。惇忠の母・やへが栄一の父・渋沢市郎右衛門の姉であり、惇忠と栄一は従兄弟であった。また、のちに惇忠の妹・千代は栄一の最初の妻となり、惇忠と千代の弟・平九郎は栄一の幕臣時代にその見立て養子となった。剣術については、おじの渋沢宗助(新三郎)が開いた神道無念流道場「練武館」に入門し、弟の尾高長七郎、従弟の渋沢栄一や渋沢喜作(成一郎)らとともに稽古に励んだ[7]

若い頃は水戸学に大きな影響を受け強烈な尊皇攘夷思想[8]を持っており、文久3年(1863年)に栄一らと共に、高崎城を襲撃して武器を奪い(高崎城乗っ取りの謀議)、横浜外人居留地を焼き討ちにしたのち長州と連携して幕府を倒すという計画を立てるが、長七郎の説得により中止した。

のちに栄一や成一郎は徳川慶喜に仕え、一橋家家臣から将軍直臣(旗本)となり、その縁で惇忠にも慶喜から声がかかるが、慶応4年(1868年)1月の戊辰戦争の勃発により、目通りは実現しなかった。

戊辰戦争の際、惇忠は初め、渋沢成一郎を頭取に旗揚げされた彰義隊に、平九郎らと共に参加する。その後、内部対立から成一郎、平九郎らと共に脱退し、彼らと振武隊を結成して武蔵国高麗郡飯能(現・埼玉県飯能市)の能仁寺に陣営を築き、同年5月23日に官軍と交戦するが、敗退する(飯能戦争)。この戦いで平九郎は自決し、惇忠と成一郎は上州方面に落ち延びて伊香保(現・群馬県渋川市伊香保町)、草津(現・群馬県草津町)に潜伏した。次いで、惇忠の長妹みちが大川平兵衛の子の修三に嫁いでいる縁を頼り、前橋の大川家に身を寄せた[9]。その後、成一郎は江戸に向かい榎本武揚率いる旧幕府艦隊に合流して箱館まで転戦したが、惇忠は機会を見計らって密かに郷里の下手計村へ帰還した[10][11]

明治維新後、大蔵省官僚となった栄一の縁で、官営富岡製糸場の経営に尽力した。長女の勇(ゆう)は志願して、その最初の工女になった。明治9年(1876年)末に製糸場を離れ、翌明治10年(1877年)から第一国立銀行盛岡支店、仙台支店の支配人などを務めた[2]

その他、秋蚕の飼育法の研究や製藍法の改良、それらの普及にも尽力した。著書に『蚕桑長策』(1889年)、『藍作指要』(1890年)がある[2]

1901年1月2日東京市深川区福住町の渋沢栄一別邸にて死去[12]。享年72(満70歳没)。長男の勝五郎保志は早世し、次男の次郎は親族の尾高幸五郎の養子になっていたため[13]、末娘の夫の定四郎が婿養子として家督を継いだ[14][15][16]

家族・子孫・親族編集

  • 父:尾高勝五郎(保孝)(安政5年(1858年)没 56歳)
  • 母:やへ(明治元年(1868年)没 62歳) - 渋沢宗助(政徳)の娘
  • 先妻:きせ(き世)(明治8年(1875年)没 40歳)
    • 長男:尾高勝五郎(保志)(32歳没)
    • 長女:勇(ゆう)(万延元年(1860年) - 大正12年(1923年)) - 永田清三郎の妻
    • 次女:ノブ(明治19年(1886年)没) - 木村清夫の妻
    • 三女:トヨ(大正9年(1920年)没 56歳) - 朝山義六の妻
    • 次男:尾高次郎(勝忠)(慶応2年(1866年) - 大正9年(1920年)) - 尾高幸五郎(同族の親類で惇忠の妹婿)の養子
    • 四女:イキ(昭和4年(1929年)没 62歳) - 斎藤精一の妻
    • 五女:コト(明治38年(1905年)没 33歳) - 尾高定四郎の妻
    • 養子:尾高定四郎(さだしろう / ていしろう[17])(明治3年(1870年) - ?) - 旧姓青木、コトと結婚し、婿養子として勝五郎保志に代わり惇忠の跡を継ぐ
  • 後妻:よし(明治43年(1910年)没 76歳)
  • 弟妹
    • みち - 大川修三の妻
    • こう(幸子) - 岡部氏の妻
    • 尾高長七郎(弘忠)(天保7年(1836年) - 明治元年(1868年))
    • 千代(明治15年(1882年)没 42歳) - 渋沢栄一の妻
    • くに(明治39年(1906年)没 63歳) - 尾高幸五郎の妻
    • 渋沢平九郎(昌忠)(弘化4年(1847年) - 慶応4年(1868年)) - 渋沢栄一の養子
  • 主な甥・姪:大川平三郎穂積歌子阪谷琴子渋沢篤二
  • 主な母方親族

長女の勇(ゆう)は上述の通り、富岡製糸場の最初の工女である。次男で勇の弟の尾高次郎は漢学者・銀行家で、渋沢栄一の庶出子である文子を妻とした。文子の同母妹の夫である大川平三郎は、惇忠の長妹みちの子で、神道無念流の剣豪大川平兵衛の孫である。

渋沢栄一と共通の孫(次郎と文子の子)には、郷土教育家の尾高豊作、法哲学者の尾高朝雄、東洋美術研究者の尾高鮮之助、社会学者の尾高邦雄、作曲家・指揮者の尾高尚忠がいる。曾孫には、作曲家で同名の尾高惇忠とその弟で指揮者の尾高忠明、また経済学者の尾高煌之助東京女学館短期大学学長を務めた久留都茂子、会計学者の諸井勝之助(渋沢家の縁で惇忠や栄一の従甥にあたる諸井貫一の婿養子)らがいる。

三妹の千代は渋沢栄一の最初の妻となった。その娘・歌子穂積陳重の長女は栄一の甥(両親とも惇忠のいとこ)の渋沢元治に嫁いだ。同じく三女は市河三喜に嫁ぎ、その一人娘は野上豊一郎野上弥生子の三男と結婚、娘に長谷川三千子がいる。同じく四男の穂積真六郎の妻と、尾高朝雄の妻は、それぞれ芳賀矢一の次女と四女である。

系図編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チカ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高浩一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
よし
 
 
尾高定四郎
 
 
 
 
尾高惇二
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高格三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高惇忠
(新五郎)
 
 
コト
 
 
 
 
フサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イキ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
きせ
 
 
トヨ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ノブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高長七郎
 
 
勇(ゆう)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高傳蔵
 
尾高磯五郎
(重孝)
 
尾高勝五郎
(保孝)
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高勝五郎
(保志)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高勝右衛門
 
 
尾高磯五郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やへ
 
 
 
 
 
 
 
 
稲垣長敬
 
 
 
長敬の娘
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稲垣長賢
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
奥平昌服
 
 
 
稲垣長昌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡部長景
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
岡部長職
 
 
 
 
村山長挙
 
 
稲垣重兼
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
豊子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
くに
 
 
尾高次郎
 
 
 
 
 
 
 
 
泰子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高豊作
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高幸五郎
 
 
文子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大川鉄雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
照子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大川平兵衛
 
 
 
大川修三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大川義雄
 
大川慶次郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大川平三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
みち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高朝雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久留都茂子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
咲子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
芳賀矢一
 
 
 
 
 
芳賀檀
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高鮮之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高邦雄
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高煌之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和辻哲郎
 
 
 
 
 
京子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尾高尚忠
 
 
尾高惇忠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
節子
 
 
尾高忠明
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
長岡輝子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
倉田陽子
 
倉田澄子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
織田完之
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鶴子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢宗助(政徳)
 
 
渋沢宗助(徳厚)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大内くに
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渡正監
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阪谷芳郎
 
 
 
 
 
アヤ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢栄一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永田武彦
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
琴子
 
 
 
 
永田甚之助
 
 
諸井勝之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
千代
 
 
 
 
 
 
 
 
 
敏子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
穂積陳重
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
穂積真六郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢市郎右衛門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
歌子
 
 
 
 
穂積律之助
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
穂積重遠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢篤二
 
 
 
 
渋沢敬三
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢平九郎
 
 
 
 
孝子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢貞子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(女)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢元治
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢市郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
須永惣次郎
 
 
 
須永伝蔵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
渋沢文左衛門
 
 
渋沢成一郎
(喜作)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸井逸郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
佐久
 
 
 
諸井恒平
 
諸井貫一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸井時三郎
 
 
諸井三郎
 
 
 
諸井虔
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸井泉衛
 
 
 
諸井四郎
 
 
 
 
 
 
 
 
諸井誠
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
諸井六郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

登場作品編集

テレビドラマ

映画

  • 紅い襷~富岡製糸場物語~ (2017年、 演:西村雅彦

脚注編集

参考文献編集

  • 塚原蓼洲 『藍香翁』高橋波太郎、1909年。 NCID BA34468346 
  • 荻野勝正 『尾高惇忠』さきたま出版会、2015年。ISBN 978-4-87891-451-5 
  • 小高旭之 『幕末維新埼玉人物列伝』さきたま出版会、2008年。ISBN 978-4-87891-396-9 
  • 山本邦夫 『埼玉県剣客列伝』遊戯社、1981年。ASIN B000J7RSAY 
  • 竜門社 『渋沢栄一伝記資料』 26巻、渋沢栄一伝記資料刊行会、1959年。 
  • 坂戸市立図書館 『郷土の人 大川平三郎』坂戸市立図書館、1994年。