メインメニューを開く

尾高 次郎(おだか じろう、1866年4月2日慶応2年2月17日) - 1920年大正9年)2月4日)は、日本実業家漢学者。南洋殖産や、武州銀行(現埼玉りそな銀行)を設立するなどし、岳父渋沢栄一の下で銀行家として活躍した。

来歴・人物編集

武蔵国榛沢郡下手計村(のちの八基村、現埼玉県深谷市下手計)出身。明治維新後に実業家となる尾高惇忠の次男として生まれる。義理の叔父[1]渋沢栄一庶子の文子と結婚し、渋沢の下で銀行家として活躍した[2][3][4]

1891年に渋沢が設立に携わった高等商業学校(現一橋大学)を卒業し、第一銀行(現みずほフィナンシャルグループ)入行。名古屋支店長、四日市支店長、釜山支店長、仁川支店長、監査役を歴任し、釜山・仁川で日本人商業会議所会頭、[居留民会議長も務めた[4][3]

1904年、韓国興業専務取締役。1909年から東洋生命社長として再建にあたった。第一次世界大戦が始まった1914年には南洋殖産を設立し、同社長として南洋諸島の開拓にあたった。1918年、武州銀行(現埼玉りそな銀行)を設立し、頭取に就任する[3][4]。1920年、鎌倉で療養中死去。享年55。寛永寺で葬儀が執り行われ、汽車にて郷里に埋葬された[2]

長男の尾高豊作実業家。次男の大川鉄雄大川平三郎の養子となった(平三郎は次郎の従兄、妻の照子は渋沢の庶子で文子の同母姉妹)。三男の尾高朝雄法学者。四男の尾高鮮之助は美術研究者。五男の尾高邦雄は社会学者。六男の尾高尚忠は作曲家・指揮者。実業家の永田甚之助金井滋直、官僚の渡正監は娘婿。経済学者の尾高煌之助や作曲家の尾高惇忠、指揮者の尾高忠明、会計学者の諸井勝之助東京女学館短期大学学長を務めた久留都茂子は孫にあたる。

脚注編集

  1. ^ 栄一の最初の妻千代は尾高惇忠の妹だった。惇忠や千代の母やへが渋沢家出身で栄一がその甥にあたるという関係にもある。文子は千代の子ではない。尾高惇忠 (実業家)#系図を参照。
  2. ^ a b 『渋沢栄一伝記資料』第51巻p.255
  3. ^ a b c 「尾高 次郎(読み)オダカ ジロウ」20世紀日本人名事典
  4. ^ a b c 「尾高次郎」デジタル版 日本人名大辞典+Plus