メインメニューを開く

物理学において、局所実在論とは、素朴実在論局所性を仮定して記述された物理のことである。

局所実在論の例としては、古典力学古典電磁気学古典計算機の理論などがある。

局所実在論が満たすべき式であるベルの不等式量子論が破ることが発見されたことで、量子論は局所実在論を包含する理論であることが明らかになった。

参考文献編集

関連項目編集