メインメニューを開く

屋比久 知奈(やびく ともな[1][2]1994年6月6日[2] - )は、日本の女優[1]ビクターミュージックアーツ所属。

やびく ともな
屋比久 知奈
生年月日 (1994-06-06) 1994年6月6日(24歳)
職業 女優歌手
活動期間 2015年 -
活動内容 舞台映画
公式サイト 所属事務所の紹介ページ
主な作品
モアナと伝説の海

2017年3月10日に日本公開されたディズニー映画『モアナと伝説の海』で主人公モアナの吹き替えに抜擢された。

身長153cm、体重40kg。

目次

略歴編集

1994年6月6日沖縄県沖縄市に生まれる[1][3]

母がバレエの先生だった影響で4歳でバレエを始める[1]

沖縄県立コザ高等学校卒業後[4]琉球大学へ進学。

琉球大学法文学部国際言語文化学科に在学中、授業で取り組んだ英語ミュージカルフットルース』でヒロインを演じる[2][5]。担当教員に推されて映画演劇文化協会のミュージカル『H12』のオーディションを受け合格し、東京公演・沖縄公演に出演する[2][5]。『H12』のプロデューサーの勧めで、2016年5月に帝国劇場で開催された「全国拡大版ミュージカル・ワークショップ『集まれ!ミュージカルのど自慢』」に出場し、応募総数2000組の中から最優秀賞を獲得する[4][5]。これを機にビクターミュージックアーツへ所属する[5]。同年夏には『モアナと伝説の海』のオーディションを受け、主人公のモアナ役の声優に抜擢[3]。劇中歌の日本語吹き替え版も歌っている。映画の日本公開後に琉球大学を卒業し、2017年4月から上京する[1]。上京後の初舞台は2018年6月に渡辺えり率いるオフィス3○○(さんじゅうまる)40周年記念公演『肉の海』で主役を演じた[6]。また2018年10月からは『タイタニック』で上京後に初めてとなるミュージカル出演を行う[6]。2019年には『レ・ミゼラブル』で帝国劇場の舞台に立つことも予定されている。

TOEICのスコアは915点[3]

出演作編集

太字は主人公。

舞台
映画吹き替え

出典編集

  1. ^ a b c d e “海を愛する少女 自分に重ね…屋比久知奈さん”. 読売新聞. (2017年3月17日). http://www.yomiuri.co.jp/komachi/special/feature/CO006040/20170310-OYT8T50021.html 2017年4月6日閲覧。 
  2. ^ a b c d 屋比久知奈”. ビクターミュージックアーツ. 2017年4月6日閲覧。
  3. ^ a b c “屋比久知奈さん=ディズニー映画で主役の声に抜てきされた琉球大生”. 毎日新聞. (2017年3月23日). https://mainichi.jp/articles/20170323/ddm/008/070/051000c 2017年4月6日閲覧。 
  4. ^ a b 今月の人 ミュージカルの魅力と舞台の迫力を発信 292/屋比久 知奈(ともな)さん(22)」、『広報おきなわ』9月号、沖縄市2017年4月6日閲覧。
  5. ^ a b c d “ディズニー新作アニメのモアナ役に抜擢 屋比久知奈 シンデレラガールの素顔”. 琉球新報. (2017年2月7日). https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-440232.html 2017年4月6日閲覧。 
  6. ^ a b c 滝本匠 (2018年7月23日). ““モアナ”屋比久知奈さん 活躍のヒケツは「大御所の中でワクワク」”. 琉球新報. https://ryukyushimpo.jp/style/article/entry-765287.html 2018年10月31日閲覧。 
  7. ^ 「レ・ミゼラブル」2019年公演に佐藤隆紀、伊礼彼方、屋比久知奈、三浦宏規ら”. ステージ ナタリー (2018年4月17日). 2018年4月19日閲覧。
  8. ^ “話題のふきカエ シュガー・ラッシュ:オンライン”. ふきカエル大作戦!!. (2018年12月16日). https://www.fukikaeru.com/?p=10747 2018年12月22日閲覧。 

外部リンク編集