山下 俊彦(やました としひこ、1919年7月18日2012年2月28日)は、日本の実業家松下電器産業(現在のパナソニック)の3代目社長。大阪府出身[1]位階従三位大阪市立泉尾工業学校卒業[2][3]実業学校卒の叩き上げで、創業者・松下幸之助による異例の大抜擢を受けて取締役26名中序列25番目から社長に就任した[4][5]。この抜擢人事は、体操選手の山下治広が披露した跳馬の技にちなんで「山下跳び」と呼ばれた[6]

やました としひこ
山下 俊彦
生誕 (1919-07-18) 1919年7月18日
日本の旗 大阪府
死没 (2012-02-28) 2012年2月28日(92歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 大阪市立泉尾工業学校卒業
テンプレートを表示

1991年から1995年まで日本社会人団体馬術連盟の会長も務めた。

略歴 編集

関連書籍 編集

脚註 編集

参考文献 編集

  • ジョン・P・コッター 著、高橋啓 訳『幸之助論 「経営の神様」松下幸之助の物語』金井壽宏監訳、ダイヤモンド社、2008年。ISBN 9784478003121 
  • 北康利『同行二人 松下幸之助と歩む旅』PHP研究所、2008年。ISBN 9784569697994 
  • 山下俊彦『ぼくでも社長が務まった』東洋経済新報社、1987年。ISBN 9784492220825 
  • 立石泰則『復讐する神話 松下幸之助の昭和史』文藝春秋文春文庫〉、1992年。ISBN 4167221020 
  • 岩瀬達哉『ドキュメント パナソニック人事抗争史』講談社、2015年。ISBN 4062194708 


先代
松下正治
松下電器産業社長
第3代:1977年 - 1986年
次代
谷井昭雄