山下 威士(やました たけし、1941年11月6日[1] - )は、法学・政治学者、新潟大学名誉教授。

広島県出身。1964年中央大学法学部卒。1970年早稲田大学大学院法学研究科公法学博士課程中退。1987年「カール・シュミット研究 危機政府と保守革命運動」で早大法学博士。1970年埼玉大学講師、1971年助教授、1982年新潟大学法学部助教授、教授、現代社会文化研究科教授、法科大学院教授、2007年定年退官、名誉教授[2]。妻も法学者の山下泰子。兄はデザイナーの山下勇三

著書編集

  • 『カール・シュミット研究 危機政府と保守革命運動』南窓社 1986
  • 『憲法学と憲法』南窓社 1987

共著編編集

翻訳編集

  • 陶春芳,蒋永萍編『中国の女性 社会的地位の調査報告』山下泰子共監訳 尚学社 1995
  • 『クーデタを裁く 1932年7月20日事件法廷記録』訳編 尚学社 2003
記念論文集
  • 『ドイツ公法理論の受容と展開 山下威士先生還暦記念』DAS研究会編 尚学社 2004

外部リンク編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ researchmap