山下寿郎

山下 寿郎(やました としろう、1888年4月2日 - 1983年2月2日)は、日本の建築家昭和時代にかけて活躍。山形県米沢市出身。

やました としろう
山下 寿郎
生誕 1888年(明治21年)4月2日
山形県南置賜郡米沢
死没 (1983-02-02) 1983年2月2日(94歳没)
東京都文京区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学
職業 建築家
受賞 藍綬褒章(1956年)
勲四等瑞宝章(1964年)
勲三等旭日中綬章(1972年)
所属 三菱合資会社
山下寿郎建築事務所(現・山下設計
建築物 霞が関ビルディング
NHK放送センター

目次

概要編集

1912年明治45年)[元号要検証]東京帝国大学工学部建築学科を卒業し、同年、三菱合資会社に入社。三菱銀行本店、丸ビルに携わる。

1920年(大正9年)~1948年昭和23年)に東京帝国大学工学部、1925年(大正14年)~1927年(昭和2年)に秋田鉱山専門学校の講師を務めた。その後、1928年(昭和3年)5月に山下寿郎建築事務所(現・山下設計)を創立。同事務所出身者には、池原義郎岡部憲明池田武邦らがいる。後年、日本建築士会会長などを務めた。

1968年(昭和43年)、日本初の超高層ビル霞が関ビルディング」(DOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築選出)の設計を担当したことで知られる。

主な作品編集

  1. ^ 原爆被災からの復旧設計。取り壊されるのは山下が関わった部分で、長野宇平治が設計した現存箇所は保存される方針

関連項目編集

参考文献 編集