メインメニューを開く

山下 幸輝(やました こうき、1993年1月31日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属する千葉県君津市出身のプロ野球選手内野手)。右投左打。

山下 幸輝
横浜DeNAベイスターズ #38
20150322 Kouki Yamasita infielder of the Yokohama DeNA BayStars, at Seibu Prince Dome.JPG
2015年3月22日、西武プリンスドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県君津市
生年月日 (1993-01-31) 1993年1月31日(26歳)
身長
体重
173 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り 2014年 ドラフト5位
初出場 2015年3月27日
年俸 885万円(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

小学生時代に野球を始めると、中学校への在学中にシニアリーグでプレー。シニアリーグ時代のチームメイトに 眞下貴之がいた。

関東第一高等学校への進学後は、1年秋から1番セカンドでレギュラーに定着。3年時の夏に東東京大会で準決勝で板山祐太郎ら擁する成立学園高校[2]、決勝で三ツ俣大樹擁する修徳高校に勝利し[3]第92回全国高等学校野球選手権大会へ出場。初戦の佐野日大高校戦では4打数3安打の活躍を皮切りに[4]、2回戦の遊学館高校には1本塁打含む5打数2安打2打点[5]重信慎之介ら擁する早稲田実業高校との試合でも2試合連続本塁打を放ち[6]、ベスト8進出に大きく貢献した。準々決勝の成田高校戦でも2安打を放ったが敗れた[7]。甲子園通算、4試合、打率.563(16打数9安打)2本塁打4打点、1盗塁。

高校からの卒業後に國學院大學へ進学すると、1年時の春から正三塁手の座を確保。4年時には主将を務めた[8]東都大学野球では、三塁手として、2014年の春季リーグ戦で山崎康晃からサヨナラ満塁ホームランを放つなど活躍をみせ[9]、ベストナインを受賞した[10]

2014年のNPBドラフト会議で、この年まで眞下が在籍していた横浜DeNAベイスターズから5巡目で指名。契約金3,500万円、年俸840万円(金額は推定)という条件で入団した[11]。背番号は38。ちなみに、DeNAがこの会議の1巡目で指名した山﨑康晃投手(後に入団)は、亜細亜大学4年時の2014年に東都大学の春季リーグ戦で山下と並んでベストナインに選ばれている[10]

DeNA時代編集

2015年には、新人選手から日本新薬出身の倉本寿彦と共に、春季キャンプを一軍でスタート[12]。公式戦の開幕も、倉本と共に一軍で迎えた[13]3月27日読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で、7回表に後藤武敏 G.の代走として一軍公式戦にデビュー。3月29日の同カードでは代打で初打席を迎えたが、4月1日に出場選手登録をいったん抹消された[14]7月28日には、松山坊ちゃんスタジアムの対巨人戦に、三塁手として7回裏の守備から出場。8回表の打席で高木京介から一軍初安打を放つと、9回表2死2塁で迎えた第2打席では、香月良太からの適時打で一軍初打点を記録した[15]。8月の一軍公式戦では、二塁手として7試合でスタメンに起用されている。一軍公式戦には、通算で23試合に出場すると、打率.238で2打点を記録。シーズンの終盤からは、フェニックス・リーグを経て、台湾で開催のウインターリーグに参加している[16]

2016年には、前年に続いて、倉本と共に開幕から一軍に登録された[17]。レギュラーシーズン全体では、2度の登録抹消をはさみながらも、一軍公式戦62試合に出場。通算打率は.224ながら、代打に起用された試合では、通算打率.400を記録するなど勝負強さを発揮した。7月14日には、倉敷マスカットスタジアムで催されたフレッシュオールスターゲームに、イースタン・リーグ選抜の「7番・三塁手」としてスタメンで初出場。3打数1安打1得点という成績を残した[18]。一軍はレギュラーシーズン3位でクライマックスシリーズ(CS)に初めて進出したが、山下自身はシリーズへ出場せず、レギュラーシーズンの終了直後から、フェニックス・リーグ[19]第1回WBSC U-23ワールドカップへ参加した。日本代表の一員として出場したワールドカップ[20]では、全試合に「5番・三塁手」としてスタメンに起用。日本代表の優勝に貢献した[21]

2017年には、レギュラーシーズンで、4月上旬から一軍公式戦21試合に出場。通算打率が.143(21打数3安打)にとどまったり、内野の守備で送球ミスが相次いだりするなど、過去2年ほどには活躍できなかった。ポストシーズンには、一軍がレギュラーシーズン3位から進出したCS日本シリーズへ出場せず、前年に続いてフェニックス・リーグへ参加した[22]

2018年には、一軍でのレギュラーシーズン開幕3日目に当たる3月31日に、シーズン初の出場選手登録。公式戦への出場機会がないまま、4月5日にいったん登録を抹消されたが、イースタン・リーグ公式戦では5月下旬までに37試合の出場で打率.333、3本塁打という好成績を残した。開幕からレギュラー格で登録されていた倉本に代わって、5月31日に再び登録されると、同日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(横浜)9回表から二塁手として出場。同点の10回裏2死2塁で一軍公式戦のシーズン初打席を迎えると、松井裕樹からの安打によって、チームをレギュラーシーズン初のサヨナラ勝利に導いた[23]

2019年は、二軍でチーム最多の91試合に出場したが、シーズン終了まで一軍昇格はなく、プロ入り初の一軍出場なしに終わった。

人物編集

7歳上の兄・和輝も志学館高校で野球部に所属していた。ポジションは捕手で、当時まだ投手だった金子圭輔とバッテリーを組んでいた。

実母は42歳の時に、当時小学6年生だった幸輝の応援へ出向いていたグラウンドで、くも膜下出血によって卒倒。そのまま息を引き取った。このため幸輝は、実母が急逝した42歳まで、プロ野球選手としてプレーを続けることを目標に掲げている[24]

大学時代に寮でゴキブリペットボトルに入れ飼育していたことから、「ムシキング」と言う愛称で親しまれている[25]。もっとも、DeNA入団後の2017年1月に参加したトークショーでは、「どのような昆虫にも触れるだけであって、『ムシキング』と言われるほど(虫を)好きではない。強いて言うならカマキリが好きだが、(前年に参加した)U-23ワールドカップでは、現地(メキシコ)に虫が多くて大変だった」と打ち明けている[26]

DeNA入団後の2018年には、対楽天戦の延長10回裏にサヨナラ安打(前述)を放った際に、一塁を回った時点で号泣。試合後に「勇者の遺伝子」が流れてからも、チームメイトの戸柱恭孝に抱きしめられながら泣き続けた。その後に臨んだヒーローインタビューでは、「今まで(チーム)に迷惑をかけてきたので打てて良かった。昨年(2017年)は(イップスのような症状に陥ったこともあって)[24]すごく辛かったので、『今年はやるぞ』『一軍で絶対ヒーローになってやろう』という気持ちで打席に立った。また、チームを勝たせられるように頑張りたい」と涙ながらに語った[23]。ちなみに、野球人生で涙を流したのは、大学4年時の東都大学リーグ・対亜細亜大学戦で山﨑からサヨナラ満塁本塁打を放って以来という[24]

前述の「大学時代にゴキブリをペットボトルに入れて飼育していた」の他にも「ベイスターズファンのタクシーの運転手に本人と気づかず『山下はダメだ』と言われた」などslugger社の選手名鑑の寸評に書かれるなど何かと話題性のある選手である。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2015 DeNA 23 43 42 2 10 2 0 0 12 2 0 1 1 0 0 0 0 12 0 .238 .238 .286 .524
2016 62 100 98 11 22 2 1 0 26 7 3 1 0 1 1 0 0 18 1 .224 .230 .265 .495
2017 21 21 21 3 3 2 0 0 5 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .143 .143 .238 .381
2018 21 65 63 3 14 2 0 1 19 3 1 0 2 0 0 0 0 13 1 .222 .222 .302 .524
NPB:4年 127 229 224 19 49 8 1 1 62 12 4 2 3 1 1 0 0 49 2 .219 .221 .277 .498
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



一塁 二塁 三塁 遊撃 外野




























































2015 DeNA - 17 28 33 1 4 .984 2 0 0 1 0 .000 1 0 0 0 0 ---- -
2016 4 9 0 0 1 1.000 10 3 10 0 1 1.000 35 6 26 1 5 .970 1 0 2 0 0 1.000 -
2017 1 1 0 0 0 1.000 5 4 6 0 3 1.000 9 2 2 2 0 .667 - 1 0 0 0 0 ----
2018 - 18 39 39 2 9 .975 1 0 1 0 0 1.000 - -
通算 5 10 0 0 1 1.000 50 74 88 3 17 .982 47 8 29 4 5 .902 2 0 2 0 0 1.000 1 0 0 0 0 ----
  • 2019年度シーズン終了時

表彰編集

記録編集

背番号編集

  • 38 (2015年 - )
  • 10 (2016 WBSC U-23ワールドカップ 日本代表)

登場曲編集

代表歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2019年10月20日閲覧。
  2. ^ 関東一 10-3 成立学園
  3. ^ 関東一 6-5 修徳
  4. ^ 関東一 対 佐野日大
  5. ^ 関東一 対 遊学館
  6. ^ 早実 対 関東一
  7. ^ 成田 対 関東一
  8. ^ 国学院大新主将に山下幸 夏の甲子園4強日大山形・庄司ら16人推薦合格スポーツニッポン2013年12月5日配信
  9. ^ 山下幸、サヨナラ満弾!国学院大が2度目Vに王手/東都 サンスポ 2014年5月28日配信
  10. ^ a b 亜大・山崎がMVPと最優秀投手 東都大学野球リーグ表彰スポーツニッポン2014年5月29日配信
  11. ^ “ベイのドラ5山下 仮契約第1号!背番38「憧れ」金城の一つ上”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年11月3日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/11/03/kiji/K20141103009217740.html 2015年1月9日閲覧。 
  12. ^ “キヨシ監督“実戦漬け”最速2・8紅白戦”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2015年1月22日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20150122-1424663.html 2016年10月21日閲覧。 
  13. ^ “グリエル来日無期限延期 キューバ政府と交渉難航”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2015年3月26日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1452025.html 2016年10月21日閲覧。 
  14. ^ “DeNAがモスコーソを1軍登録、山下幸を抹消”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2015年4月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1455295.html 2016年10月21日閲覧。 
  15. ^ “DeNA山下幸プロ初安打&初打点「良かったです」”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2015年7月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1514381.html 2016年10月21日閲覧。 
  16. ^ “DeNA山下 現状維持の840万円 定位置意欲”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2015年11月24日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1570579.html 2016年10月21日閲覧。 
  17. ^ “オコエら一軍/12球団開幕出場選手登録一覧”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2016年3月23日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1620693.html 2016年10月21日閲覧。 
  18. ^ “2016年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果”. 日本野球機構. (2016年7月14日). http://npb.jp/bis/scores/freshallstargame/boxscore2016.html 2016年10月21日閲覧。 
  19. ^ “DeNA乙坂、高崎らがフェニックス・リーグに参加”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2016年9月30日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1717884.html 2016年10月21日閲覧。 
  20. ^ “「第1回 WBSC U-23ベースボールワールドカップ」に出場する侍ジャパンU-23代表選手が決定”. 野球日本代表オフィシャルサイト. (2016年10月12日). http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20161012_2.html 2016年10月12日閲覧。 
  21. ^ No. 1 Japan crowned World Champions, defeat No. 15 Australia in Final of WBSC U-23 Baseball World Cup WBSC | World Baseball Softball Confederation (英語) (2016年11月6日) 2016年11月7日閲覧
  22. ^ “DeNA フェニックス・リーグに飯塚ら19選手が参加へ”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2017年10月5日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/10/05/kiji/20171005s00001173215000c.html 2018年6月1日閲覧。 
  23. ^ a b “DeNA山下サヨナラ松井打ち「絶対ヒーロー」号泣”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2018年5月31日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805310000901.html 2018年6月1日閲覧。 
  24. ^ a b c “DeNA・山下、泣きじゃくり!今季初打席で延長10回サヨナラ打(3)”. SANSPO.COM (サンケイスポーツ). (2018年6月1日). http://www.sanspo.com/baseball/news/20180601/den18060105050002-n3.html 2018年6月2日閲覧。 
  25. ^ “「ハマのムシキング」だ!ドラフト5位山下幸開幕二塁狙える”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2015年2月25日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/02/25/kiji/K20150225009870830.htm 2018年6月1日閲覧。 
  26. ^ “ムシキングDeNA山下「虫はそんな好きじゃない」”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2017年1月28日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/1771428.html 2018年6月1日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集