メインメニューを開く

山下明生(やましたはるお、21161 Yamashitaharuo)は、小惑星帯に位置する小惑星の1つである。北海道北見市円舘金渡辺和郎によって発見された。

山下明生
21161 Yamashitaharuo
仮符号・別名 1993 TR1,1999 XB37
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1993年10月15日
発見者 円舘金渡辺和郎
軌道要素と性質
元期:2019年4月27日 (JD 2458600.5)
軌道長半径 (a) 3.1691 AU
近日点距離 (q) 3.0135 AU
遠日点距離 (Q) 3.3247 AU
離心率 (e) 0.0491
公転周期 (P) 5.64年
軌道傾斜角 (i) 13.9度
近日点引数 (ω) 353.8度
昇交点黄経 (Ω) 33.3度
平均近点角 (M) 191.5度
物理的性質
直径 18.980km
絶対等級 (H) 12.8
アルベド(反射能) 0.049
Template (ノート 解説) ■Project

名称編集

山下明生は主に児童向けの本の作家である。

関連項目編集

外部リンク編集