メインメニューを開く

山下 正人(やました まさと、1962年4月30日 - )は、日本プロボクシングジムオーナー。高知県生まれ、兵庫県伊丹市出身・在住。1男1女の父親。

人物および来歴編集

1981年村野工業高校を卒業(在学中は野球部で1番中堅手で活躍)。兵庫県警警察官となり、主に暴力団対策の刑事であった。

1997年35歳の時、体を鍛える目的で千里馬神戸ジムに入会するが、より発展を求め、警察官を退職し、(警備業を主とする)株式会社ムーヴを営みながら千里馬神戸ジム所属のトレーナーに転進。山下自身にアマチュアボクサー経験やプロボクサー経験は皆無だが、千里馬会長の指導のもとトレーナーの教育を受けトレーナー・ライセンスも取得し、長谷川穂積や(長谷川と同い年のスパーリングパートナー、自身の高校の後輩)玉越強平を担当し、長谷川を世界チャンピオンに育てあげ、千里馬神戸ジム所属トレーナーとして初、2006年初頭には日本プロボクシング界トレーナー最大の名誉とされるエディ・タウンゼント賞を受賞した[1]

長谷川穂積4度目の防衛戦後、千里馬神戸ジムから離れ、帝拳プロモーションが全面的に支援、フリーランスのトレーナーとして長谷川ほか帝拳・大阪帝拳両ジムの選手数人と個人的に契約を結んでいたが、2007年、神戸のポートアイランドに自身がオーナーを務める「真正ボクシングジム」を設立し、同年10月2日にプロ加盟を果たした。同ジムには同日付で千里馬神戸ジムから長谷川が移籍し、更にグリーンツダジムから元WBC世界ミニマム級およびWBA世界ミニマム級暫定王者・高山勝成が移籍した。開設当初から世界王座戴冠のキャリアを持つ選手が2人所属するというのは極めて異例のことである。

2019年2月3日に行われた西日本ボクシング協会会長選挙で、会長に選出された[2]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集