山下 航汰(やました こうた、2000年11月15日 - )は、大阪府柏原市出身のプロ野球選手外野手内野手)。読売ジャイアンツ所属。

山下 航汰
読売ジャイアンツ #099
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府柏原市
生年月日 (2000-11-15) 2000年11月15日(20歳)
身長
体重
174 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手一塁手
プロ入り 2018年 育成選手ドラフト1位
初出場 2019年8月29日
年俸 510万円(2021年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入り前編集

小学校3年の時に、第2回WBCで日本が優勝したことに感激し、野球を始める[2]。中学時代は羽曳野ボーイズに所属し、太田椋と同期だった[3]。羽曳野ボーイズでは通算22本塁打を放ち、中学3年時の2015年にはジャイアンツカップで優勝した[4][5]

「足を使った野球を学びたい」として「機動破壊」をスローガンとする健大高崎に進学し、1年春からベンチ入り[6]。1学年先輩に、後に巨人でチームメイトとなる湯浅大がいる[7]

2017年選抜大会に出場すると、1回戦の札幌第一高校戦、再試合となった2回戦の福井工大福井高校と2本の満塁本塁打を放ちチームの勝利に貢献し、注目を浴びた。大会2本の満塁本塁打は2人目の記録となった[8]。チームは準々決勝の秀岳館高校に敗れた。同年の第99回全国高等学校野球選手権大会群馬県大会では1回戦から5試合連続本塁打を放ち、狩野恵輔が持っていた県記録を超える[9]。2年秋の関東大会では増田陸擁する明秀日立高校に敗れ[10]、3年になると春の関東大会では優勝するも、夏の群馬県大会では前橋育英高校に敗れ甲子園には届かなかった[11]。高校通算では75本塁打を放った[5]

2018年のドラフト会議では、読売ジャイアンツに育成ドラフト1位で指名され、支度金200万円、年俸240万円で入団(金額は推定)[12]。背番号は009[13]。担当スカウトは木佐貫洋[14]

巨人時代編集

2019年は二軍で53試合で打率.316、本塁打3、打点18と好成績を残し、7月5日に支配下登録され背番号は99に変更となった[15]。推定年俸は420万円となった[16]。高卒1年目での支配下登録は球団史上初であった[16]。8月2日に一軍へ初昇格したものの[17]、チーム事情から一軍初出場はならず同月5日に登録を抹消された[18]。同月28日に再び1軍登録されると、9月2日の対中日ドラゴンズ戦で高校3年間を過ごした群馬でプロ初安打を放った[19]。最終的に二軍では90試合に出場し、打率.332、本塁打7、打点40という成績を残し、ファーム首位打者を獲得した。高卒新人でのファーム首位打者は1992年のイチロー以来となる27年ぶりプロ野球史上3人目の快挙。イースタン・リーグでは史上初の達成となった[20]。オフに、180万円増の推定年俸600万円で契約を更改した[21]

2020年原辰徳監督から開幕レギュラーを期待されていたが、開幕直前の5月20日、打撃練習中に右手の痛みを訴え病院で検査した結果、右手有鈎骨骨折が判明し、手術を受けた[22]。8月4日の3軍戦で実戦復帰したものの[23]、その後は右肘痛に悩まされ、リハビリに専念[24]。シーズン終了後の11月19日、球団は怪我の治療に専念させるため、育成選手契約に戻すことを前提に、山下を自由契約とすることを発表した[25]。12月2日に自由契約が公示された[26]のち、同月8日の契約更改で予定通り育成選手として再契約を結び、90万円減の推定年俸510万円となった。背番号は099に変更となった[27]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
2019 巨人 12 13 12 1 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .167 .231 .250 .481
通算:1年 12 13 12 1 2 1 0 0 3 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .167 .231 .250 .481
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績編集



一塁 外野
























2019 巨人 2 3 0 0 0 1.000 3 3 0 0 0 1.000
通算 2 3 0 0 0 1.000 3 3 0 0 0 1.000
  • 2020年度シーズン終了時

記録編集

初記録

背番号編集

  • 009(2019年 - 同年7月4日)
  • 99 (2019年7月5日 - 2020年)
  • 099 (2021年 - )

登場曲編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 巨人 - 契約更改 - プロ野球”. 日刊スポーツ. 2020年12月8日閲覧。
  2. ^ 健大高崎・山下航汰2発目満弾 黄金世代また名乗り”. 日刊スポーツ (2017年3月29日). 2021年3月27日閲覧。
  3. ^ 【オリックス】ドラフト1位・太田椋 “ダルビッシュ級”の古巣への恩返し誓った”. スポーツ報知 (2018年12月30日). 2021年3月27日閲覧。
  4. ^ 第153回 今年もジャイアンツカップ優勝経験者に注目。山下・太田・大石のドラフト候補トリオが見逃せない”. 高校野球ドットコム (2018年6月7日). 2021年3月27日閲覧。
  5. ^ a b 起動破壊の中で熟成した最多本塁打バッター 山下航汰(健大高崎)”. BASEBALL GATE (2018年10月18日). 2021年3月27日閲覧。
  6. ^ 【ドラフト】「育成でも下克上」健大高崎の山下航汰選手 巨人の育成選手に”. サンケイスポーツ (2018年10月25日). 2021年3月27日閲覧。
  7. ^ 【巨人】湯浅大、守備範囲大&期待大…健大高崎の1年後輩・山下航から刺激”. スポーツ報知 (2019年7月27日). 2021年3月27日閲覧。
  8. ^ 健大高崎に満塁男 山下が史上2人目1大会満弾2発”. 日刊スポーツ (2017年3月28日). 2021年3月27日閲覧。
  9. ^ 健大高崎、山下で甲子園王手!驚異の2年生が群馬新の5戦連発”. サンケイスポーツ (2017年7月27日). 2021年3月27日閲覧。
  10. ^ 明秀日立 7-5 健大高崎”. スポーツブル (2017年10月26日). 2021年3月27日閲覧。
  11. ^ 前橋育英 6-5 健大高崎”. スポーツブル (2018年7月25日). 2021年3月27日閲覧。
  12. ^ 巨人、育成D1・山下と合意”. サンケイスポーツ (2018年11月16日). 2021年3月27日閲覧。
  13. ^ 新人選手10人 ファンフェスタで披露”. 読売巨人軍公式サイト (2018年11月23日). 2021年3月27日閲覧。
  14. ^ 巨人育成D1・山下、入寮一番乗り! 「5年間日記」で一歩ずつ打者の頂点目指す”. サンケイスポーツ (2019年1月9日). 2021年3月27日閲覧。
  15. ^ 【巨人】育成1位ルーキー・山下航が支配下登録「持ち前のバッティングで勝負したい」 背番号は「99」”. スポーツ報知 (2019年7月5日). 2021年3月27日閲覧。
  16. ^ a b 巨人、山下航を支配下登録!高卒育成1年目初”. サンケイスポーツ (2019年7月6日). 2021年3月27日閲覧。
  17. ^ “巨人・炭谷と大竹が登録抹消、コーチ陣の配置転換も発表”. スポーティングニュース・ジャパン. (2019年8月2日). https://www.sportingnews.com/jp/プロ野球/news/巨人炭谷と大竹が登録抹消コーチ陣の配置転換も発表/k7eoof92r45z1r9ftjejtspm6 2019年8月14日閲覧。 
  18. ^ “巨人・原監督 登録抹消の山下に言及「いいもの持っている。またやってきて、と…」”. Sponichi Annex. (2019年8月5日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/08/05/kiji/20190805s00001173279000c.html 2019年8月14日閲覧。 
  19. ^ 巨人育成1位山下航汰プロ初安打 群馬で記念の一打 - プロ野球 : 日刊スポーツ”. 日刊スポーツ. 2020年2月6日閲覧。
  20. ^ 巨人・山下航がイースタン首位打者 高卒新人ではイチ以来”. スポーツニッポン (2019年9月30日). 2021年3月27日閲覧。
  21. ^ 巨人山下航汰180万増で更改 オフは丸に弟子入り”. 日刊スポーツ (2019年11月18日). 2021年3月27日閲覧。
  22. ^ 【巨人】山下航汰、坂本以来10代開幕スタメン絶望的 右手有鈎骨骨折で全治1~2か月”. スポーツ報知 (2020年5月22日). 2021年3月27日閲覧。
  23. ^ “巨人・山下、二岡3軍監督の初陣で安打 右手有鈎骨鈎骨折から復帰”. サンケイスポーツ. (2020年8月4日). https://www.sanspo.com/baseball/news/20200804/gia20080417520004-n1.html 2021年3月9日閲覧。 
  24. ^ “【巨人】山下航汰「手首を切って肘に…」3軍から下克上レギュラーへけが克服”. スポーツ報知. (2020年2月15日). https://hochi.news/articles/20210215-OHT1T50094.html 2021年3月9日閲覧。 
  25. ^ "来季の契約について". 公式サイト. 読売ジャイアンツ. 19 November 2020. 2020年11月19日閲覧
  26. ^ 自由契約選手 | 2020年度公示”. NPB.jp 日本野球機構. 2020年12月9日閲覧。
  27. ^ “巨人・山下は育成選手から再出発 「とにかく強く振れる選手に」”. Sponichi Annex. (2020年12月8日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/12/08/kiji/20201208s00001173394000c.html 2020年12月9日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集