山下 裕二(やました ゆうじ、1958年6月15日[1] - )は、日本の美術史家美術評論家明治学院大学教授。

来歴編集

広島県呉市生まれ。はじめの演奏家をめざす。東京大学文学部美術史学科卒業[2]。同大学院修了[3]日本美術史を専攻。室町時代水墨画を研究。1990年より明治学院大学文学部芸術学科で教鞭をとる[2]。現在同大学教授。1996年赤瀬川原平と「日本美術応援団[注釈 1]」を結成し団長を務める[2]。専門外でも様々な絵師画家、作品を応援し、その普及と再評価に努めている。『日本美術全集』全20巻(小学館、2012年 - 2016年[4])の編集委員を務めた[5]

「日本美術応援団結成当時は日本美術を積極的に見ようとする人が極めて少なかったが、その後展覧会の観客動員数やテレビの美術番組の視聴率も、西洋美術より日本美術の方が上回るようになり、日本美術をめぐる状況は劇的に変わった」と述べている[3]

著書編集

  • 岡本太郎宣言 平凡社 2000.1
  • 室町絵画の残像 中央公論美術出版 2000.3
  • 水墨画発見 平凡社 別冊太陽日本のこころ 2003.8。図版解説
  • 日本美術の二〇世紀 晶文社 2003.9
  • 伊藤若冲 鳥獣花木図屏風 小学館 2006.11
  • 未来の国宝・MY国宝 小学館 2019.2

主な共著編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 団員2号南伸坊、団員3号井浦新[3]

出典編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.350
  2. ^ a b c プロフィール - 九州市民大学
  3. ^ a b c 自著を語る - 本の窓 小学館
  4. ^ 「日本美術全集」は、日本の心が紡いできた比類なき“美”を受け継ぎ、未来へと開かれた全集です。 - 小学館
  5. ^ 日本美術全集の刊行にあたって - 小学館

関連項目編集