メインメニューを開く

山下 訓史(やました のりふみ、1962年9月10日 - )は、陸上競技三段跳の選手。1988年ソウルオリンピック男子三段跳日本代表。

山下訓史 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム 山下訓史
国籍 日本の旗 日本
種目 三段跳
所属 NEC
生年月日 (1962-09-10) 1962年9月10日(57歳)
生誕地 三重県
身長 178cm
体重 66kg
自己ベスト 17.15m(1986年)日本記録
編集 テンプレートのヘルプを表示する

人物編集

1979年4月、三重県立尾鷲工業高等学校に入学。1980年、愛媛インターハイ三段跳において、高2ながら15m49で優勝。1981年、横浜インターハイ三段跳において、14m87で二連覇。

1982年4月、筑波大学に入学。コーチは村木征人。社会人時代は日本電気(NEC)に所属した。

1986年6月1日日本選手権国立競技場)でマークした17.15mは、30年以上経った現在も破られていない日本記録である。公認記録で17m以上を跳んだ日本人選手は、山下と杉林孝法チームミズノアスレティック)の2人しかいない。日本選手権では1985-88年、1992年、1995-96年の通算7度の優勝を誇る。

中学時代は最初、文化部(吹奏楽部)に所属していたが、父親の転勤先の中学校に吹奏楽部がなかったことが、陸上競技を始めるきっかけになった異色の経歴の持ち主でもある。

子息の山下航平も父と同じ三段跳びの選手であり、リオデジャネイロオリンピック日本代表選手に選出された[1]

主な成績編集

大会 場所 結果 記録
1986 アジア大会 ソウル韓国 1位 17.01m
1988 オリンピック ソウル韓国 12位 15.62m
1991 世界選手権 東京日本 11位 16.26m

関連書籍編集

  • 『ジュニア陸上競技マニュアル』(全国高等学校体育連盟陸上競技部(編)、陸上競技社、2006/1、三段跳の項を山下訓史(福島県体協)が執筆)

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集