メインメニューを開く

山中 伊知郎(やまなか いちろう、1954年12月28日 - )は、東京都文京区出身の脚本家放送作家フリーライタータレント芸能プロモーター浅井企画所属。また、浅井と提携している山中企画代表取締役。通称「イッチー」。

目次

略歴編集

早稲田大学法学部在学中、「稲門シナリオ研究会」に所属。卒業後、脚本家としてデビュー。「スケバン刑事」、「噂の刑事トミーとマツ」などを担当。

その後、著述家(ライター)に転身。お笑いの放送作家の仕事を引き受けた経験から、浅井企画とパイプを持ち、同社のお笑いタレントの育成に関与。「キャイ〜ン」などを世間に送り出し、お笑いプロデューサーとして活躍する。

一方、本業の著述活動においては、おもにお笑い界の「大物」といわれる人物(特に浅井企画系)にスポットをあてた作品で知られるほか、牛丼の「吉野家」に関する著作でも知られ、BSE問題発生時に、吉野家に関するコメントでテレビに多く出演した。

タレントとしても関根勤主宰のコメディ劇団「カンコンキンシアター」の脇役俳優として、スキンヘッドの風貌とこわもての顔を生かした独特の芸風で、主力メンバーとなった[1]

現在は埼玉県在住で、Jリーグ浦和レッドダイヤモンズ」のサポーターとしても有名。

また、浅井企画とのパイプから新事業「那須お笑い学校」の講師を務める。さらに、お笑い学校の卒業生受け入れ先として、浅井企画の川岸専務を役員に招聘した芸能事務所山中企画」を立ち上げ、タレントマネジメント業にも乗り出している[2]

現在は、山中企画代表として、出版業務に活動の軸足を移しているが、お笑いイベントのプロデュース活動も継続している。

先述の通りスキンヘッドであるが、ハゲは18歳のときから。現在はひげをたくわえている。

備考編集

コサキン関根勤小堺一機)の二人など、知人からは、著述活動は「小遣い稼ぎ」とも揶揄され、プロレスラーの西村修に関する本を書こうとして取材した際、いきなりギャラの交渉から始めたため、西村の不興を買った、という出来事もあった。またコサキンの二人からは「金の事しか考えていない」(『これが「年収」だ!!』という本も出している)と言われたり、「お金がもったいないから息子を私立中学には行かせない」と言ったために関根から「男気がない」と言われる(この話から、カンコンキンシアター16回目のサブタイトルは『ぼく、私立へ行きます』になった)など、コサキンのラジオ番組ではたびたびネタにされている。

著書一覧編集

  • 小堺一機 関根勤の社会学―ベターチョイス・ライフのすすめ (CBS・ソニー出版) 小堺、関根との共著
  • なつかしのウルトラ・テレビっ子クイズ(CBS・ソニー出版)
  • 超メディア人の挑戦(翔泳社
  • 大善行(主婦と生活社
  • チョットいい犯罪(図書新聞
  • 頭髪のすべてがわかる本(日本実業出版社
  • 関根勤は「天才」なのだ。(風塵社
  • 3分間で本音を引き出す法(明日香出版社
  • 職人になる!(明日香出版社)
  • オヒョイさんになりたい(風塵社)
  • 村上ショージVS剛州(風塵社)
  • シナリオライタ-・放送作家になるには(ぺりかん社
  • 浦和レッズ至上主義(風塵社)
  • お笑いタレントになるには(ぺりかん社)
  • 元祖AVスカウトマン ヨッちゃんが行く(風塵社)
  • ラジオの鉄人・毒蝮三太夫(風塵社)
  • 浦和レッズは負けない(ザ・マサダ)
  • 得する上手な弁護士の頼り方・選び方(ゼスト)
  • 勝て!!浦和レッズ(廣済堂出版
  • 職人になる本(永岡書店
  • 高田純次★祭り(風塵社)
  • 浦和がなくなる日(風塵社)
  • 吉野家!(廣済堂出版)
  • これが「原価」だ!!(インターメディア出版)
  • 自衛官になるには(ぺりかん社)
  • いくよ、二郎さん はいな、欽ちゃん―小説・コント55号(竹書房
  • ダンサーになるには(ぺりかん社) 
  • 分かりやすい、これが「原価」だ!!2(インターメディア出版)
  • 浦和レッズ 祝優勝(長崎出版)
  • これが「年収」だ!!(長崎出版)
  • スクール★ウォーズを作った男(洋泉社
  • いまが買い時(長崎出版)
  • 関根勤・ルー大柴 100歳の挑戦(飯塚書店
  • なぜ浦和レッズは強くなったのか(長崎出版)
  • 「昭和三十年村」作ります(日新報道)
  • お笑いテレビタレント史(ソフトバンククリエイティブ
  • がんばれ!吉野家(長崎出版)
  • テレビ業界で働く(ぺりかん社)
  • ぽっくり往生するには(長崎出版)
  • 昭和30年代村(日新報道)
  • 話しベタほど『会話上手』になれる本(扶桑社) 
  • お笑いタレント化社会(祥伝社
  • 6万人の熱狂 浦和レッズサポーター群像(KKベストセラーズ
  • 職人になるガイド(新講社)
  • 放送局で働く人たち(ぺりかん社) 
  • 健康増進のための「お笑いレッスン」(愛育社)
  • ザ・浅草芸人 中二階の男 チャンス青木(山中企画)
  • 「心の病」は、腸を診れば治る!?―長崎発★東洋医学医師田中保郎の挑戦(山中企画)
  • 元気になる毒蝮三太夫語録(山中企画)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2008年をもって剛州らとともに卒業。
  2. ^ 2014年、Theかれー王の事務所にマネジメント事業やプロデュース事業を継承している。

外部リンク編集