メインメニューを開く

山中孝真(やまなか たかまさ、1973年7月19日 - )は、日本の作曲家。元歌手(芸名:鏡五郎の息子)。東京都出身。中央大学文学部卒業。

山中孝真
生誕 (1973-07-19) 1973年7月19日
出身地 日本の旗 東京都杉並区
学歴 中央大学文学部文学科独文学専攻卒業
職業 作曲家編曲家
音楽プロデューサー
担当楽器 キーボード
シンセサイザー
ピアノ
活動期間 1996年 -

目次

略歴編集

1973年7月19日演歌歌手鏡五郎の長男として出生。
15歳の1988年に『鴻上尚史のオールナイトニッポン』で、当時のいわゆる「二世ブーム」のパロディとして「Jr.からの手紙」というネタコーナーが放送されていた際、パーソナリティ鴻上尚史が「売れない演歌歌手のJr.」のつらさを(半分冗談で)発したのを聴いてハガキを投稿し、鴻上に紹介されて以後、番組に定期的に電話出演するなど、孝真は同コーナーの名物的な存在となった。

この結果、翌1989年キングレコードからCDデビューを果たすことになり、鴻上より「鏡五郎の息子」の芸名を命名される。(題名は「Jr.からの手紙」。オリコンシングルチャート最高73位)
また、父親の鏡五郎も何度となく同番組にゲスト出演するようになり(ちなみに番組中では「鏡五郎の息子の親父」という呼ばれ方をすることが多かった)、当時10~20代が大半を占めていた『鴻上~』のリスナーの間で父・鏡五郎の知名度も大きく上昇した。
デビュー曲の「Jr.からの手紙」は、鏡五郎の「おしどり人生」とオリコンシングルチャートに同時チャートインし、北島三郎と1st BLOOD以来、オリコン史上2回目の「親子同時チャートイン」を記録した[1]ものの「鏡五郎の息子」としての歌手活動はこの「Jr.からの手紙」一曲で終わる。
その後、大学在学中に作曲活動を開始し、1996年池上ゆりか「DJ in Time/DA.I.SU.KI」(トーラスレコード)にて作曲家デビュー。以来、企業PV、Webコンテンツの楽曲制作を中心に、ポップスロックから歌謡曲演歌まで幅広い分野の作曲を手がけている。
2011年には、初めて、父・鏡五郎の作品を作曲した。

作曲業の傍ら、杉並区西荻北のけやきの大木の保全運動の発起人としても活躍。2010年に「坂の上のけやき公園[2]として結実した。
2014年4月には、「鏡五郎の息子」時代の楽曲が配信ながら再リリースされた。

作品編集

  • 池上ゆりか 「DJ in Time(True Sky)」「DA.I.SU.KI」(作曲)
  • 神園さやか
  • 鏡五郎 「夢歌舞伎」 (作曲 2011年) 「黒髪しぐれ」(作曲 2013年)
  • SAYURI
    • アルバム『Promise』プロデュース。「Bluesky 〜明日は翔べるさ〜」「Promise 〜時の方舟〜」「夏の風」「カガミノムコウ」「うろこ雲」「祈り」「Sunny Day」「僕だけの愛」「Rain Dance」(作曲・編曲)

外部リンク編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ オリコン・ウィークリー(編)『小池聡行のオリコンデータ私書箱』オリジナルコンフィデンス、1991年、102-103頁。ISBN 4871310272
  2. ^ 杉並区 「坂の上のけやき公園」で開園式