山中 秀成(やまなか ひでなり、?- 寛永20年(1643年4月10日)は、日本の江戸時代の商人。山中善兵衛家の初代当主。出雲国の戦国武将山中幸盛の孫。山中幸元(新右衛門)の次男。通称は(初代)山中善兵衛と称した。

孫には風雅の道に志し、茶道に精進した山中道億がいる。

墓所大阪市中央区中寺町の顕孝庵境内墓地にある。法号は源室道本居士。

生涯編集

山中幸盛の長男である山中幸元の次男として生まれた。元和元年(1615年)に鴻池村から大阪和泉町に住まいを移して分家し、醸造業をなした。晩年は江戸に移り、寛永20年に没した。秀成以降の歴代当主は善兵衛の通称を継承した。

鴻池家では山中秀成・鴻池之政・鴻池正成を鴻池三家と称した。

参考文献編集

関連項目編集

先代:
山中幸元
山中氏歴代当主
1615年 - ?年
次代:
山中秀重