山井基清

日本の雅楽師、ヴァイオリニスト、作曲家

山井 基清(やまのい もときよ、1885年8月29日 - 1970年12月8日)は、日本雅楽師ヴァイオリニストヴィオリスト作曲家、音楽教師。

山井 基清
生誕 1885年8月29日[1]
出身地 日本の旗 日本 東京府[1]
死没 (1970-12-08) 1970年12月8日(85歳没)[1]
学歴 東京音楽学校器楽科卒業
ジャンル 雅楽クラシック音楽
職業 雅楽師、ヴァイオリニスト作曲家

経歴編集

山井基万(もとかず)の三男として生まれる[2]1898年より宮内省式部職雅楽部[3]楽生となり、式部職雇音楽教師ヴィルヘルム・ドゥブラヴチッチ[4]1901年に来日[5][6])、安藤幸アウグスト・ユンケルヴァイオリンを師事する[7]。楽生として左舞、、ヴァイオリン、ヴィオラを担当した。1908年東京音楽学校器楽科を卒業し、同年に式部職楽部楽手、1909年に楽師となる[1][2]1922年に長男の山井清雄(すみお)が生まれる[8]1922年芝忠重とともにドイツに留学して1924年に帰国[2][9]1934年から1936年まで式部職楽部楽長を務めた。1937年に新設された相愛女子専門学校音楽科[10]で教授となり、1939年から1941年まで同校音楽科長を務めた[1]。ヴァイオリンの教え子に波多野鑅次郎がいる[11][12]

作曲編集

  • 平調のメヌエット(石田一松 詞)
  • 夜多羅
  • 加利夜須

著作編集

  • 詳解左舞譜(多久毎・山井基清 編纂、宮内省式部職楽部、1938年)
  • 風俗訳譜(岩波書店、1961年)
  • 催馬楽訳譜(岩波書店、1966年)
  • 鳳笙手移口伝書
  • 撃物総譜
  • 舞楽吹要訣
  • 風俗の音階
  • 神楽歌の旋律と和琴との喰いちがい
  • 雅楽に於ける呂律の旋法

脚注編集

  1. ^ a b c d e コトバンク. 山井 基清.
  2. ^ a b c 雅楽事典 2019, p. 278, 山井基清.
  3. ^ 雅楽部は1907年に楽部と改称された。
  4. ^ Kajino, Ena (2013-12). “A Lost Opportunity for Tradition: The Violin in Early Twentieth-Century Japanese Traditional Music”. Nineteenth-Century Music Review (Cambridge University Press) 10 (2): 293-321. doi:10.1017/S147940981300027X. 
  5. ^ 「ウェルヘム・ヅブラウチッチノ部」 『欧州音楽教師雇入録2明治33 - 大正14年 (宮内公文書館識別番号 11564)』 宮内省式部職、1925年。 
  6. ^ 柴理子「『白系ロシア人』音楽家カテリーナ・トドロヴィチの日本滞在(1)―1910年代までの足跡」『中欧研究』第2号、城西大学中欧研究所、2016年11月、 10-11頁、 ISSN 2432-40002020年1月26日閲覧。
  7. ^ 音楽年鑑 1941.
  8. ^ 雅楽事典 2019, p. 278, 山井清雄.
  9. ^ 芝 忠重”. コトバンク. 新撰 芸能人物事典 明治 - 平成. 2020年1月26日閲覧。
  10. ^ 沿革”. 相愛学園. 2020年1月26日閲覧。
  11. ^ 波多野鑅次郎「民衆音楽の時代を語る」『音楽の友』第2巻第10号、音楽之友社、1942年、100頁。
  12. ^ 武石みどり「ハタノ・オーケストラの実態と功績」『お茶の水音楽論集』特別号、お茶の水音楽研究会、2016年12月、 364頁、2020年1月26日閲覧。

参考文献編集

  • 山井 基清”. コトバンク. 20世紀日本人名事典 ; 新撰 芸能人物事典 明治 - 平成. 2020年1月26日閲覧。
  • 山井 基清」『音楽年鑑 昭和16年度』大日本音楽協会、共益商社書店、1941年、243頁。
  • 東儀信太郎(代表執筆者)『雅楽事典』小野貴嗣 新装版編集、小野亮哉 監修、里文出版、2019年(原著1998年)、新装版。ISBN 978-4-89806-483-2