山内久

やまのうち ひさし
山内 久
別名義 田中啓一
鈴木敏郎
生年月日 (1925-04-29) 1925年4月29日
没年月日 (2015-09-29) 2015年9月29日(満90歳没)
出生地 日本の旗 日本・東京府〈現・東京都
死没地 日本の旗 日本・東京都
民族 日本人
職業 脚本家
活動期間 1950年 - ?
配偶者 立原りゅう
著名な家族 父:山野一郎
兄:山内明
弟:山内正
義父:野田高梧
義弟:小杉太一郎
姪:山内美郷

山内 久(やまのうち ひさし、1925年4月29日 - 2015年9月29日)は東京府〈現・東京都〉出身の脚本家

父は弁士山野一郎(本名:山内幸一)、兄は俳優山内明、弟は作曲家山内正、妻は脚本家野田高梧の娘で脚本家立原りゅうである。作曲家小杉太一郎は義弟(妹の夫)、エッセイスト山内美郷は姪(兄の子)にあたる。

脚本を担当した「幕末太陽伝」(日活、1957年)の公開時はまだ松竹に在籍していたため、「田中啓一」というペンネームを使用しており、「盗まれた欲情」「果しなき欲望」(共に日活、1958年)の際には「鈴木敏郎」というペンネームを使用している。

目次

人物編集

主な脚本作品編集

テレビドラマ編集

ほか

映画編集

著書編集

  • 「若者の旗」共著:立原りゅう文理書院、1970年)
  • 「アッシィたちの街」(汐文社、1981年 同時代叢書)
  • 「街〜若者たちは、今〜」(汐文社、1982年 同時代叢書)
  • 「街〜美ら島は、今〜」(汐文社、1983年 同時代叢書)
  • 「若者たち〜時代を駆けぬけた熱い青春がいま、甦る〜」(汐文社、1984年 同時代叢書)
  • 「私も戦争に行った」(岩波書店、2000年 岩波ジュニア新書)

外部リンク編集

脚注編集