メインメニューを開く

山内 亮史(やまうち りょうじ、1941年5月6日[1] - )は、日本社会学者学校法人旭川大学理事長旭川大学学長旭川大学短期大学部学長。北海道出身。

来歴編集

北海道札幌西高等学校卒業[2]横路孝弘と同級生であった。北海道学芸大学札幌分校学芸学部卒業[2]1970年北海道大学大学院教育学研究科博士課程教育社会学専攻単位修得後退学。1971年4月、旭川大学経済学部専任講師に就任。1975年に同経済学部助教授1990年に同経済学部教授[3]1999年、旭川大学大学院研究科教授。2000年、旭川大学副学長。2003年4月、旭川大学学長、旭川大学女子短期大学部学長に就任。2004年4月学校法人旭川大学理事長、旭川大学大学院研究科長に就任[4]2006年26年振りの学長選実施。学長に2期目に再選する。[要出典]

森啓が主催した北海道地方自治土曜講座に2006年~2010年にパネル討論に多く参加した[5]。現在も、道内各市町村の市民講座で講演をしている。この他、公益社団法人北海道地方自治研究所理事、日本私立大学協会北海道支部理事なども務める。

研究編集

専門は、社会学。特に、教育社会学地域福祉論、ジェンダー論、社会政策地方自治などを研究。

おもな著書編集

単著編集

  • 地域福祉の主体と実践、青山社、1993年

共著編集

共編著編集

  • 長尾彰夫との共編)学校五日制と教育課程改革(オピニオン叢書 緊急版)、明治図書出版、1994年

脚注編集

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.278
  2. ^ a b 北海道新聞夕刊2013年2月27日 p.3「私のなかの歴史」参照
  3. ^ 以上につき、職歴について『旭川大学経済学部二十五年史』旭川大学経済学部二十五年史編集委員会編、ぎょうせい、1994年、p.851参照
  4. ^ 山内 亮史(やまうち りょうじ) 経済学部経営経済学科 教授 (PDF)”. 旭川大学. 2013年3月14日閲覧。
  5. ^ 『自治体理論の実践 : 北海道土曜講座の十六年』(公人の友社, 2011年)p.155-158参照

外部リンク編集