メインメニューを開く

山内 健司(やまうち けんじ、1958年11月2日 - )は、日本のCMディレクター、舞台演出家劇作家映画監督山内 ケンジ名義で活動。

人物編集

1958年東京都生まれ。早稲田大学卒業。1983年、電通映画社入社。1992年フリーを経て、黒田秀樹事務所所属。CMのみならず、ショートフィルムや舞台の作・演出もこなす。

演劇公演を行う際のユニット名は、城山羊の会。2008年に深浦加奈子が死去するまで、脚本・演出=山内ケンジ、主演=深浦加奈子、を定則に公演を行ってきた。

劇団青年団に同姓同名の役者がいるため、「山内ケンジ」とカタカナ表記する。

作品編集

CM編集

ショートフィルム編集

長編ドラマ編集

脚本編集

  • 『切実』(2015年)ふじきみつ彦と共作(出演者:岡部たかし、岩谷健司、本村壮平、他)
  • 『テアトルコントVol.25』(2018年)ふじきみつ彦と共作(出演者:岡部たかし、岩谷健司、本村壮平、永井若葉)
  • 『巴里の4月』(2017年)ふじきみつ彦と共作・演出(出演者:宮内良・宮崎吐夢・石橋けい、他)
  • 『灼熱の巴里』(2018年)ふじきみつ彦と共作・演出(出演者:宮内良・関谷春子・湯澤幸一郎、他)
  • 『灼熱の巴里』(2019年)ふじきみつ彦と共作・演出(出演者:宮内良・関谷春子・湯澤幸一郎、他)

舞台編集

  • 『葡萄と密会』(2004年)(出演:深浦加奈子大沢健村松利史、他)
  • クリスマス劇『乞食と貴婦人』(2005年)(出演:深浦加奈子、他)
  • 『クレブス・ペルオスの迫害と恐怖』(2006年)(出演:原金太郎、大沢健、初音映莉子、他)
  • 『若い夫のすてきな微笑み』(2007年)(出演:深浦加奈子、大沢健、初音映莉子、他)
  • 『新しい橋 〜le pont neuf〜』(2008年)(出演:深浦加奈子、古舘寛治、他)
  • 『新しい歌 〜tyto nove pisnicky〜』(2008年)(出演:石橋けい、金谷真由美、山本裕子、他)
  • 太宰治作品をモチーフにした演劇『新しい男』(2009年)(出演:三浦俊輔、石橋けい、初音映莉子、他)
  • 『イーピン光線』(2010年)(出演:九十九一KONTA岡部たかし、金谷真由美、他)
  • 『微笑の壁』(2010年)(出演:吹越満、石橋けい、東加奈子、三浦俊輔、山本裕子、他)
  • 『メガネ夫妻のイスタンブール旅行記』(2011年)(出演:鈴木浩介、石橋けい、古舘寛治、他)
  • 『探索』(2011年)(出演:石橋けい、猪野学岡部たかし、永井若葉、東加奈子、牧田明宏、他)
  • 『スキラギノエリの小さな事件』(2012年)(出演:石橋けい、三浦俊輔、岡部たかし、宮崎吐夢、他)
  • 『あの山の稜線が崩れていく』(2012年)(出演:石橋けい、古屋隆太、永井若葉、岸井ゆきの、他)
  • 『効率の優先』(2013年)(出演:鈴木浩介、石橋けい、岡部たかし、金子岳憲、松本まりか、他)
  • 『身の引きしまる思い』(2013年)(出演:石橋けい、KONTA、岡部たかし、ふじきみつ彦、他)
  • 『トロワグロ Trois Grotesques』(2014年)(出演:石橋けい、古屋隆太、平岩紙橋本淳、他)
  • 『仲直りするために果物を』(2015年)(出演:石橋けい松井周、東加奈子、吉田彩乃遠藤雄弥、他)
  • 『水仙の花 narcissus』(2015年)(出演:吹越満松本まりか、安藤輪子、島田桃依、重岡漠、他)
  • Wけんじ企画『ザ・レジスタンス、抵抗』(2016年)(出演:山内健司(青年団)、他)
  • 『自己紹介読本』(2016年)(出演:初音映莉子、浅井浩介、他)
  • 『相談者たち』(2017年)(出演:吹越満、安澤千草、橋本淳、村上穂乃佳、鄭亜美、折原アキラ)
  • 『自己紹介読本』〜再演〜 (2018年)(出演:初音映莉子、浅井浩介、岡部たかし、富田真喜、他)
  • 『埋める女 〜I am right〜』 (2018年)(出演:奥田洋平、坂倉奈津子、福井 夏、伊島 空、他)

映画編集

受賞歴編集

CM編集

  • ソフトバンクモバイル - 白戸家シリーズ「予想外な家族」「店頭」「声変わり」「広告批評」「家族で通話」(タイムズ・アジア・パシフィックアドバタイジング・アワードテレビ部門ゴールド賞)
  • 新日邦(コンコルド) - コンコルドシリーズ(第44回ACC 全日本CM フェスティバルACC 金賞第4回静岡県CM グランプリ最優秀賞)
  • NOVA - NOVAの日シリーズ「同僚」「帰宅」「路地」「英語の境界線」「閉鎖」「上司と部下」(第33回ギャラクシー賞テレビCM 部門CM 大賞、他)
  • TBC - 「ナオミに変わる日(ナオミ・キャンベル)」(第37回ACC 日本CM フェスティバル最優秀賞他)
  • 第一生命保険 - パスポート新鮮組シリーズ「サッカー」「サーフィン」「アクセル」(第35回ACC全日本CM フェスティバル秀作賞)
  • クォーク - TOSOSINとQUOQシリーズ「別れ」「出産」「ついに来たこの日」「まさかの時のクオークカード」(第40回ACC 全日本CM フェスティバルACC 金賞)
  • SEGA - 「人生は退屈だ」「とある街の声」「夢」「すすめ湯川専務!」(第38回ACC 全日本CM フェスティバルACC 賞)
  • 高橋酒造 - 白岳しろ「解散の危機」(第61回広告電通賞優秀賞)
  • 静岡新聞&静岡放送 - 「超ドS 静岡兄弟篇」(2017年 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARD,ACCシルバー賞)
  • 新日邦(コンコルド) - コンコルゲン夫婦シリーズ(2015年 55th ACC CM FESTIVAL,ACCゴールド賞)/2005年制作の「コンコル道を往く者」が第16回パーマネントコレクション(CM殿堂入り)/コンコルゲン夫婦・愛の勝利シリーズ(2016年 56th ACC CM FESTIVAL,ACCゴールド賞)/パヤシリーズ(2017年 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARD,ACCゴールド賞)/悪を食うパヤシリーズ(2018年 58th ACC TOKYO CREATIVITY AWARD,ACCゴールド賞)/新しい世界シリーズ(2019年 59th ACC TOKYO CREATIVITY AWARD,ACCゴールド賞)[8]

脚注編集

外部リンク編集