メインメニューを開く

山内新一

山内 新一(やまうち しんいち、1947年12月3日 - )は、島根県大田市出身の元プロ野球選手投手)。

山内 新一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 島根県大田市
生年月日 (1947-12-03) 1947年12月3日(71歳)
身長
体重
181 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1967年 ドラフト2位
初出場 1969年8月18日
最終出場 1985年10月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

島根県立邇摩高等学校を経て三菱重工三原に入社。1966年都市対抗では準々決勝に進出し、大昭和製紙と対戦。リリーフで登板し逆転負けを喫する[1]が、好投手として注目を集める。

1967年のドラフト2位で巨人に入団。1969年から一軍で起用され、翌1970年には主に中継ぎで8勝を記録する。同年のロッテオリオンズとの日本シリーズでも2試合に登板、第3戦では勝利投手となりチーム日本一に貢献。しかし1972年には故障もあって低迷、1勝も出来ず、1973年松原明夫と共に富田勝との交換トレードで南海ホークスへ移籍する。

巨人時代にヒジを痛め、くの字に曲がっていたため速球が投げられなくなっていたが、南海に移籍後、投げると自然とスライドする癖を見つけた野村克也監督の「村田(兆治)はスピードで20勝する。お前はコントロールで20勝したらそれでいい」の言葉で、外角へのスライダー(左打者にはインコースで詰まらせ、右打者には引っ掛けさせる)を武器にする技巧派に転向。この年にいきなり20勝をマーク、一緒にやってきた松原も7勝をマークし、南海のリーグ優勝に貢献する。古巣巨人との日本シリーズでは2試合に登板、第2戦では先発に起用された。

この出来事がきっかけとなり、前年の江本孟紀の16勝と合わせて、球界に「野村再生工場」という言葉が出来たこと、以後、野村監督が目を付けた投手は他球団が出したがらなくなったことは有名。

以後エースとして活躍し、1976年にも20勝をマークしたものの鈴木啓示山田久志成田文男、村田らがパ・リーグにおいて全盛を極めていた為に、20勝しても最多勝利のタイトルには届かなかった。

(73年成田21勝、山内20勝、76年山田26勝、村田21勝、山内20勝)このことについて野村は「時代が悪かった」と悔やんでいる。

1981年には、同姓の投手である山内和宏山内孝徳が入団。背番号も山内和18番、山内孝19番、本人は20番と連番になり、山内トリオとして売り出された。

1984年に無償トレードで阪神へ移籍し7勝を挙げるが、翌年の1985年は5試合の登板に終わり現役引退。記録は残せなかったが、この年阪神の21年ぶりの優勝メンバーに名を連ねた。

引退後は、播磨興産(平成15年1月に大阪地裁へ民事再生手続き開始を申請。負債は約272億円)に勤務し、営業担当となる。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1969 巨人 7 3 0 0 0 1 1 -- -- .500 85 17.1 28 2 4 0 1 6 0 0 14 12 6.35 1.85
1970 41 3 0 0 0 8 4 -- -- .667 430 111.1 85 7 23 3 4 57 0 0 28 22 1.78 0.97
1971 33 2 0 0 0 5 5 -- -- .500 285 68.2 61 7 25 4 1 43 2 0 27 23 3.00 1.25
1972 11 0 0 0 0 0 1 -- -- .000 93 17.2 31 4 10 0 2 6 1 0 20 18 9.00 2.32
1973 南海 36 30 14 4 3 20 8 -- -- .714 1015 243.0 219 26 78 3 9 85 2 1 98 89 3.30 1.22
1974 29 29 8 1 1 10 6 0 -- .625 793 184.0 174 16 72 1 3 83 1 0 92 75 3.67 1.34
1975 29 29 16 4 2 10 12 0 -- .455 898 219.1 199 12 56 1 4 62 0 0 76 62 2.55 1.16
1976 33 33 21 4 4 20 13 0 -- .606 1013 253.1 216 23 51 1 3 72 3 0 85 64 2.28 1.05
1977 26 26 11 0 0 11 12 0 -- .478 796 191.1 189 15 47 3 7 47 1 0 80 68 3.20 1.23
1978 25 25 7 1 0 3 16 0 -- .158 664 154.0 190 18 34 4 6 46 1 0 94 84 4.91 1.45
1979 30 30 7 1 1 12 7 0 -- .632 846 193.2 219 20 56 6 8 64 0 0 104 89 4.13 1.42
1980 28 28 14 0 2 9 16 0 -- .360 888 206.2 236 30 49 7 4 57 0 0 106 87 3.78 1.38
1981 30 30 12 2 3 14 10 0 -- .583 953 218.2 260 22 63 6 3 51 1 0 123 108 4.44 1.48
1982 30 30 7 1 2 10 12 0 -- .455 894 208.1 229 24 67 3 3 48 0 0 116 104 4.50 1.42
1983 13 13 1 0 0 2 9 0 -- .182 262 53.2 85 7 24 1 2 11 2 0 54 51 8.55 2.03
1984 阪神 25 25 0 0 0 7 9 0 -- .438 478 108.1 134 17 29 3 6 34 2 0 62 57 4.74 1.50
1985 5 2 0 0 0 1 1 0 -- .500 42 9.2 12 2 5 0 0 2 0 0 9 8 7.45 1.76
通算:17年 431 338 118 18 18 143 142 0 -- .502 10435 2459.0 2567 252 693 46 66 774 16 1 1188 1021 3.74 1.33
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録編集

初記録
節目の記録
  • 1000投球回数:1976年7月8日、対日本ハムファイターズ後期3回戦(後楽園球場) ※史上180人目
  • 1500投球回数:1979年5月20日、対阪急ブレーブス前期8回戦(阪急西宮球場) ※史上94人目
  • 100勝:1979年9月24日、対日本ハムファイターズ後期12回戦(後楽園球場)、9回1失点完投勝利 ※史上76人目
  • 2000投球回数:1981年7月17日、対近鉄バファローズ1回戦(大阪スタヂアム) ※史上58人目
その他の記録

背番号編集

  • 40 (1968年)
  • 30 (1969年 - 1972年)
  • 20 (1973年 - 1983年)
  • 21 (1984年 - 1985年)

脚注編集

  1. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

関連項目編集