メインメニューを開く

山内 豊常(やまうち とよつね)は、土佐藩の第7代藩主。

 
山内豊常
Yamauchi Toyotsune.jpg
山内豊常像(土佐山内家宝物資料館蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 正徳元年8月2日1711年9月14日
死没 享保10年9月2日1725年10月7日
改名 亀千代・大助(幼名)、豊常
戒名 旭光院天岳良英
墓所 高知県高知市天神町の真如寺
官位 従四位下、侍従、土佐守
幕府 江戸幕府
土佐藩
氏族 山内氏
父母 父:山内豊隆
兄弟 久米千代、豊常、氏松、整、長
正室:松平定逵の娘・幾姫
実子:なし、養子:豊敷
テンプレートを表示

生涯編集

正徳元年(1711年)8月2日、第6代藩主・山内豊隆の次男として生まれる。兄の久米千代が早世したために世子となる。享保4年(1719年)4月28日、将軍徳川吉宗御目見する。享保5年(1720年)5月27日、父の死去により跡を継ぐ。幼少のため、父により失脚させられていた分家の山内規重を復帰させ、さらに三宅尚斎を登用して補佐とした。享保6年12月18日(西暦では1722年2月)、従四位下、土佐守に叙任する。享保8年12月18日(西暦では1724年1月)、侍従に任官する。享保10年(1725年)3月12日、初めてお国入りする許可を得る。同年9月2日に死去した。享年15。継嗣が無かったため、規重の嫡男・豊敷が養子として跡を継いだ。

享保6年(1721年)に規重が死去し、尚斎も政界から引退したため、豊常は幼くして自ら政務を執ることとなる。豊常は父と違って早くから聡明と言われ、将来を嘱望されていたが、早世した。