山内 豊惇(やまうち とよあつ)は、江戸時代後期の大名通称は式部、兵部。土佐藩14代藩主。

 
山内豊惇
時代 江戸時代後期
生誕 文政7年6月6日1824年7月2日
死没 嘉永元年9月18日1848年10月14日
改名 敏衛、豊惇
別名 式部、兵部(通称)
戒名 譲恭院篤信自省
官位 土佐守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家慶
土佐藩
氏族 山内氏
父母 山内豊資、美芳院
兄弟 豊熈豊惇豊矩豊範、貞、悦、嘉年ら11男7女
豊信
テンプレートを表示

略歴編集

12代藩主・山内豊資の次男として誕生。幼名は敏衛。

嘉永元年(1848年)、先代藩主だった兄の豊熈が7月10日に死去したため、同年9月6日に家督を継いだが、2週間足らず後の9月18日に25歳で死去した。嗣子がなく、跡を従弟の豊信(豊資の弟・豊著の長男)が継いだ。あまりに早すぎる死と豊信擁立のため、その死は翌年2月まで隠されたという。法号は譲恭院篤信自省。

系譜編集