山内豊敷

日本の江戸時代の大名

山内 豊敷(やまうち とよのぶ)は、土佐藩8代藩主。

 
山内豊敷
Yamauchi Toyonobu.jpg
山内豊敷像(土佐山内家宝物資料館蔵)
時代 江戸時代中期
生誕 正徳2年6月8日1712年7月11日
死没 明和4年11月19日1768年1月8日
改名 正之助、伊右衛門、重固、豊敷
戒名 大昌院天徳承真
墓所 高知県高知市天神町の真如寺
官位 従四位下民部大輔侍従土佐守
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
土佐藩
氏族 山内氏
父母 山内規重西大路隆栄娘富姫
山内豊常
兄弟 豊敷茂信
山内豊隆娘長姫
加恵、祥栄院
豊治豊儀豊根豊雍豊泰、峰、賀、正
テンプレートを表示

生涯編集

正徳2年(1712年)6月8日、土佐藩家老深尾家の分家で、山内姓を与えられていた山内規重の長男として生まれる。豊敷の父・規重は、第2代藩主・山内忠義の弟で深尾家に養子入りした深尾重昌の子孫で、山内氏一族の中でも人望があり、家老として藩主を補佐していた人物でもあった。父・規重が享保6年(1721年)に死去し、跡を継いだ。初名は重固であった。

享保10年(1725年)10月22日、本家の第7代藩主・山内豊常が子女を残さないまま早世したため、豊常の妹・長姫の夫で義弟の豊敷が豊常の養子となって跡を継いだ。同年10月28日、将軍徳川吉宗御目見する。同年12月18日(西暦では1726年1月)、従四位下・民部大輔に叙任する。享保13年12月21日(西暦では1729年1月)、侍従に任官する。

しかし藩政においては、享保12年(1727年)の高知城焼失、享保17年(1732年)の害虫による凶作、享保18年(1733年)には前年の凶作による飢餓などに苦しめられ、幕府から1万5000両を借り受け、藩財政再建を目指して藩政改革を断行する。行政整理や風俗の徹底、製鉄業の奨励、藩士からの半知借上、宝暦2年(1752年)には国産方役所を設置して製紙業の専売化をはかるなどしている。しかし専売化に反対する中平善之進らによる一揆が起こり、一揆側の要求を受け入れて宝暦10年(1760年)に役所を一時的に廃止するなど、藩政改革は失敗に終わった。

宝暦9年(1759年)に藩校教授館を創設し、文武を奨励する。さらに目安箱を設置して広く意見を求めるなどしたが、効果はなかった。明和4年(1767年)11月19日に死去した。享年56。

跡を四男の豊雍が継いだ。

系譜編集