山内 豊武(やまうち とよたけ)は、江戸時代後期の大名土佐新田藩3代藩主。2代藩主・山内豊泰の長男として誕生。

 
山内豊武
時代 江戸時代後期
生誕 天明6年6月25日1786年7月20日
死没 文政8年7月29日1825年9月11日
戒名 清敬院仁峰宗徳
官位 従五位下遠江守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
土佐新田藩
氏族 山内氏
父母 父:山内豊泰、母:貞操院(板倉勝武娘)
兄弟 豊武豊保永井尚監正室
正室:溝口直侯の養女
豊賢豊充
テンプレートを表示

略歴編集

享和3年(1803年)、父の死去により家督を継いだ。文政8年(1825年)7月29日、40歳で死去し、跡を長男・豊賢が継いだ。

系譜編集