メインメニューを開く

山北町(さんぽくまち)は、新潟県の最北端、日本海沿岸にあったである。2008年4月1日村上市荒川町神林村朝日村と合併し、村上市となった。

さんぽくまち
山北町
笹川流れ
廃止日 2008年4月1日
廃止理由 新設合併
村上市・荒川町神林村朝日村山北町村上市
現在の自治体 村上市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
北信越地方上信越地方
広域関東圏
都道府県 新潟県
岩船郡
団体コード 15585-3
面積 283.91km2
総人口 6,942
推計人口、2008年3月1日)
隣接自治体 村上市朝日村山形県鶴岡市
町の木 スギ[1]
町の花 ヤマユリイワユリ[1]
山北町役場
所在地 959-3993
新潟県岩船郡山北町府屋232[1]Murakami City Hall Sanpoku Branch 1.jpg画像:村上市 山北支所(旧山北町役場)
外部リンク 山北町Internet Archive
座標 北緯38度30分41秒
東経139度32分14秒

山北町 (新潟県)位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト
岩船地域における平成の大合併。当町は最北部に位置した。

地理編集

 
山あいに位置する雷集落(2010年)

北部は山形県との県境に面しており、海側では漁村集落の中に県境が引かれている(詳細は鼠ヶ関を参照)。町の93%を森林が占めており、農地は2%ほどあるのみである[2]

町内には海岸部や河川流域などに48の集落がある[2]。大川河口部(JR府屋駅周辺)には街区が形成され、町の行政や経済活動の中心となっている[2]

  • 山:新保岳、日本国
  • 河川:大川、勝木川、葡萄川
  • 湖沼:

隣接していた自治体編集

歴史編集

行政編集

  • 町長:大滝平正(1999年4月27日から)

経済編集

 
寝屋漁港

産業編集

  • 主な産業
土地を活かした農林漁業を基幹産業とするほか、笹川流れなどの観光産業が盛んである[2]。また、自然塩竹炭しな布が生産されている[1]

漁業編集

町内には5つの漁港があり、このうち寝屋漁港は県営である[3]

  • 中浜漁港
  • 府屋漁港
  • 寝屋漁港
  • 脇川漁港
  • 桑川漁港

教育編集

  • 山北中学校
    • 山北町立大川谷小学校
    • 山北町立中継小学校
    • 山北町立小俣小学校
    • 山北町立雷小学校
    • →平成16年4月山北町立さんぽく北小学校に統合。
    • 山北町立黒川俣小学校
    • 山北町立八幡小学校
    • 山北町立寒川小学校
    • 山北町立桑川小学校
    • →平成16年4月山北町立さんぽく南小学校に統合。
  • さんぽく北小学校
  • さんぽく南小学校

→2019年(平成31年)3月、「さんぽく北小学校」と「さんぽく南小学校」が統合し、2019年4月に「さんぽく小学校」(校舎は「さんぽく南小学校」の建物を利用)として開校[4]

施設編集

医療施設編集

  • 山北徳洲会病院

交通編集

合併前時点での公共交通としては、JR線が沿岸部を南北に走るほか、新潟交通北(→新潟交通観光バス)による生活交通確保バスが運行されていた[2]

鉄道路線編集

道路編集

高速道路編集

日本海東北自動車道の建設計画があるが開通には至っていない。

一般国道編集

県道編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

出典:[5][6]

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集