メインメニューを開く

山口 剛史(やまぐち つよし、1984年11月21日 - )は、北海道空知郡南富良野町出身のカーリング選手[1][2]SC軽井沢クラブ所属。身長174cm、体重75kg。血液型B型。2018年平昌オリンピックカーリング競技男子日本代表。既婚。

No image.svg
山口 剛史
Curling pictogram.svg
Tsuyoshi Yamaguchi
基本情報
出生国 日本の旗 日本
出身地 北海道空知郡南富良野町
生年月日 (1984-11-21) 1984年11月21日(34歳)
チーム
所属 SC軽井沢クラブ
オリンピック
4人制
出場大会
最高成績 8位
世界選手権
4人制
出場大会
最高成績 4位
ミックスダブルス
出場大会
最高成績 5位
日本選手権
4人制
1位 優勝
  • 8回
    • 2007
    • 2008
    • 2009
    • 2013
    • 2014
    • 2015
    • 2016
    • 2017
ミックスダブルス
1位 優勝
2019年9月2日現在
テンプレートを表示

経歴編集

南富良野町立落合小学校3年の時にカーリングを始め、同中学では夏はカヌーにも取り組んだ。富良野高校ではラグビー部に入り、2002年の全国高校選抜大会にフランカーで出場したが、1回戦で五郎丸歩を擁する佐賀工に0-146で敗れた[3]。カーリングでは北海道代表として日本ジュニア選手権で優勝し、世界ジュニア選手権にも出場した。

カヌー日本代表を目指しカヌーの強豪である埼玉県の駿河台大学に進学し[4]、大学1年で日本選手権に出場したが順位は2ケタ台。同じ種目に羽根田卓也(のちのリオ五輪銅メダル)がおり当時高校3年で日本選手権を制するなど活躍していたことから、カヌーを諦め青森大学に編入してカーリングに専念し、2005年にNPO法人SC軽井沢クラブに加入[3]。ホームリンクの「軽井沢アイスパーク」に勤務し、ジュニア選手の育成にも取り組んでいる。

2015-16年シーズンからセカンドを担当。カーリングの日本男子として20年ぶりの五輪出場を決め、2018年平昌オリンピックに日本代表として出場した(結果は8位)。帰国後、第11回日本ミックスダブルス選手権ロコ・ソラーレ藤澤五月とペアを組んで出場し、予選から8戦全勝で優勝[5]、日本代表として2018年世界ミックスダブルス選手権に出場した[6]。2019年、第12回日本ミックスダブルス選手権に出場し、全勝で2年連続で優勝[7]2019年世界ミックスダブルス選手権に出場した[8]

人物・プレースタイル編集

  • 南富良野町の中心から約10km、人口約180人の落合集落で生まれ、小中学校時代は1学年4人しかいなかったが、その中に目黒萌絵寺田桜子がおり、同級生4人中3人がオリンピック選手となった[9]
  • 妻はSC軽井沢クラブの長岡はと美コーチの娘。かつてはスピードスケートの選手として小平奈緒らと全国レベルで競い合い、現在はピラティストレーナーとして夫のトレーニング指導も行っている[10][11]
  • 「ニッポンをスイープ大国に」をモットーにする「筋肉部」の部長を務める[12]。部員は北海道銀行フォルティウス所属の小野寺佳歩、4REAL所属の谷田康真。
  • 得意技は相手の石をはじくテイクアウトと日本で最もパワフルだと評される力強いスイープ[3][13]

チーム編集

一緒にカーリングチームを組んだ選手。

4人制編集

チームメンバー
シーズン スキップ サード セカンド リード リザーブ 備考
2017–18 両角友佑 清水徹郎 山口剛史 両角公佑 平田洸介 OG 2018
2018–19 山口剛史 小泉聡 大野福公 金井大成 柳澤李空 KICC 2018[14]
2019–20 山口剛史 栁澤李空 小泉聡 大野福公 金井大成 KICC 2019[15]

ミックスダブルス編集

パートナー
シーズン 女性 男性 備考
2017–18 藤澤五月 山口剛史 WMDCC 2018
2018–19 藤澤五月 山口剛史 WMDCC 2019

成績編集

日本代表編集

クラブチーム編集

その他編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 第13回大会及び第14回大会

出典編集

  1. ^ 北海道)南富良野町出身、カーリング男子の山口剛史”. 朝日新聞. 2017年6月18日閲覧。
  2. ^ 山口剛史選手インタビュー”. NHK. 2017年6月18日閲覧。
  3. ^ a b c SC軽井沢山口剛史、五郎丸とも戦った元ラガーマン.日刊スポーツ.2017年4月8日配信。
  4. ^ 「北海道を元気に」 カーリング・山口剛史.朝日新聞.2017年2月23日配信。
  5. ^ 第11回 全農 日本ミックスダブルスカーリング選手権”. 日本カーリング協会. 2019年5月20日閲覧。
  6. ^ a b World Mixed Doubles Curling Championship 2018”. 世界カーリング連盟. 2019年5月20日閲覧。
  7. ^ 第12回 全農 日本ミックスダブルスカーリング選手権”. 日本カーリング協会. 2019年5月20日閲覧。
  8. ^ a b World Mixed Doubles Curling Championship 2019”. 世界カーリング連盟. 2019年5月20日閲覧。
  9. ^ 1学年4人 うち3人が五輪選手に カーリング・山口.朝日新聞.2017年4月7日配信。
  10. ^ 愛の力で五輪行く 妻がコーチ、夫婦で選手、本田真凜も.朝日新聞.2017年7月21日配信。
  11. ^ [平昌へ 夏に磨く](5)心身整え フォーム安定…山口剛史.読売新聞.2017年8月13日配信。
  12. ^ 「沙羅ちゃんに続け!」五輪最小カーラーで“ちび部部長”・鈴木夕湖の逆襲が始まる。.Yahoo!ニュース.2018年2月19日配信。
  13. ^ “フジヤマ”日本一!準決メダリスト対決制し一気頂点、世界切符.毎日新聞.2018年3月19日配信。
  14. ^ 出場チーム”. 軽井沢国際カーリング選手権大会2018. 2019年3月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月18日閲覧。
  15. ^ 出場チーム”. 軽井沢国際カーリング選手権大会2019. 2019年11月18日閲覧。
  16. ^ Torino Winter Universiade 2007. Result Book: Curling   (PDF)”. www.fisu.net (2007年1月18日). 2019年8月30日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集