メインメニューを開く

山口 半七(やまぐち はんしち、1853年2月14日嘉永6年1月7日) - 1932年昭和7年)6月9日)は、明治期の政治家。初名は克己。

経歴編集

豊前国生まれ。中津藩儒に学び、1869年(明治2年)慶應義塾に入る。西南戦争で帰郷し県会議員を経て、1894年(明治27年)に衆議院議員となる。豊中製紙会社を設立し、鐘ヶ淵紡績会社の監査役、大分県農工銀行取締役を経て代議士となる。憲政本党大分支部長を務めた。

参考文献編集