メインメニューを開く

山口 宗之(やまぐち むねゆき、1928年8月5日 - 2012年3月21日)は、日本の歴史学者。 専門は幕末政治思想史。陸海軍将校に関する著書もある。

2012年死去。83歳没。従四位瑞宝中綬章

経歴編集

佐賀県藤津郡多良村(現・太良町大字多良)に生まれる。

  • 1935年(昭和10年)、村立多良尋常小学校入学。
  • 1941年(昭和16年)、佐賀県立鹿島中学校(現・佐賀県立鹿島高等学校)入学。
  • 1945年(昭和20年)
    • 3月、佐賀県立鹿島中学校卒業(4年繰上げ)。
    • 4月、第七高等学校造士館文科一類(のち文科乙類となる)入学。
  • 1948年(昭和23年)
  • 1951年(昭和26年)3月、九州大学文学部国史学科卒業。卒業論文は「橋本左内の思想に就いて」。
  • 1964年(昭和39年)4月、久留米工業高等専門学校助教授。
  • 1969年(昭和44年)4月、九州大学教養部助教授。1973年10月教授。1980年「幕末政治思想史研究」で文学博士(九州大学)。1990年定年退官、名誉教授、皇學館大学教授、1992年久留米工業大学教授。

著書編集

校注

参考文献編集

  • 吉田昌彦「山口宗之氏の訃(学界消息)」『日本歴史』第771号、吉川弘文館、2012年、 140-141頁、 ISSN 0386-9164

外部リンク編集