メインメニューを開く

山口 弘定(やまぐち ひろさだ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将

 
山口弘定
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 不明
死没 慶長20年5月6日1615年6月2日
墓所 大阪府八尾市幸町
官位 左馬助
主君 豊臣秀頼
氏族 山口氏
父母 父:山口宗永
兄弟 修弘弘定池田重利正室
木村重茲娘(木村重成妹)
松平正綱正室

略歴編集

加賀国大聖寺城主・山口宗永の次男として誕生。父・宗永と兄・修弘慶長5年(1600年)8月3日、関ヶ原の戦いの前哨戦において、東軍前田利長の前に籠城したが大聖寺城を落とされ戦死した。弘定は父の遺志を継いで、豊臣秀頼に仕え、大坂城に入城することになる。大坂の陣では義兄・木村重成隊に属し奮戦したが、若江の戦い井伊直孝隊に討ち取られた。

弘定と兄の修弘の名前には、大内氏通字である「弘」が含まれている。織田氏徳川氏に仕えた山口重政に始まる大内氏庶流の牛久山口氏も通字として「弘」を使っているが、彼らとの関係は定かではない。弘定を討ち取った井伊勢の先鋒に山口重政・重信重克親子が加わっており、重信は木村重成に討ち取られ、重克もまたそこで戦死した。また、木村重成の子孫は、牛久藩に召し抱えられたという説がある。

墓は第二寝屋川の南側、八尾市幸町の公園にある。木村重成の墓の左横。