山口 弘豊(やまぐち ひろとよ)は、常陸牛久藩の第4代藩主。官位は従五位下、伊豆守、但馬守、周防守。

 
山口 弘豊
時代 江戸時代中期
生誕 貞享元年(1684年
死没 宝暦5年11月23日1755年12月25日
諡号 真竜定淵弘豊院
官位 従五位下伊豆守但馬守周防守
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
常陸牛久藩
氏族 山口氏
父母 山口重治:谷氏
兄弟 弘豊服部保棟室、服部保棟養女
正室松平直堅の娘
継室戸田光正の娘
側室:近藤氏
豊隆弘倉弘道山口弘長正室、諏訪頼一正室)、諏訪頼一継室、柴田康哉室、服部保命室、織田秀行正室
養子:弘長
テンプレートを表示

経歴編集

第3代藩主・重貞には長男が早世した後に男児がなかったため、弟の重治を養嗣子にしていた。しかし、重治は後継者にふさわしくないとして廃嫡され、代わりにその子である弘豊が養子となり、元禄11年(1698年)の重貞の死去により跡を継いだ。享保10年(1725年)には牛久沼干拓工事などで手腕を見せた。また、藩主時代が33年の長きにわたったため、藩政が安定化した時代でもあった。享保16年(1731年)8月27日、病を理由に家督を養嗣子の弘長に譲って隠退し、宝暦5年(1755年)11月23日に死去した。享年72。法号は真竜定淵弘豊院。