山口 恵照(やまぐち えしょう、1918年4月4日[1] - )は、日本の哲学者大阪大学名誉教授インド哲学専攻。愛知県出身。

年譜編集

愛知県葉栗郡木曽川町(現:一宮市)に生まれる。1941年京都帝国大学文学部哲学科卒業。立命館大学助教授、1955年大阪大学文学部インド哲学科助教授、教授、82年定年退官、名誉教授。62年「古典サーンキヤ哲学の研究」で京都大学文学博士。1991年勲三等旭日中綬章受勲。

著書編集

  • サーンキヤ哲学体系序説 サーンキヤへみちびくもの』あぽろん社 1964
  • 『サーンキヤ哲学体系の展開 究極的な「転迷開悟」の道』あぽろん社 1974
  • 『宗教的生涯教育 アーシュラマ(住期)法と仏教からの提言』あぽろん社 1982
  • 『ヨーガの知恵』東方出版 1987

共編著編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』