山口昇・防衛大学校教授(2011年)

山口 昇(やまぐち のぼる 1951年(昭和26年) - )は、三重県出身の元陸上自衛官・軍事評論家(最終階級は陸将)。国際大学国際関係学研究科教授。タフツ大学フレッチャー法律外交大学院修士課程修了、元ハーバード大学ジョン・M・オーリン戦略研究所国家安全保障客員フェロー

略歴編集

1974年、防衛大学校を卒業(第18期・同期に火箱芳文(第31代陸上幕僚長)、杉本正彦(第30代海上幕僚長)など)し、同年陸上自衛隊航空科部隊に配属。1983年陸上自衛隊幹部学校指揮幕僚課程修了、1988年フレッチャー法律外交大学院修了、修士号取得。1991年ハーヴァード大学ジョン・M・オーリン戦略研究所客員研究員。

外務省北米局日米安全保障条約課出向、統合幕僚会議事務局軍備管理・軍縮班長、第11師団司令部第3部長(作戦担当)、陸上幕僚監部防衛調整官を経て、1999年から2001年まで外務省在アメリカ合衆国日本国大使館首席防衛駐在官(外務事務官・在米国日本大使館参事官(国防・陸軍担当))。2001年から陸上自衛隊航空学校副校長、2002年から陸上自衛隊研究本部総合研究部長、2005年から防衛研究所副所長を務めたのち、2006年から第4代陸上自衛隊研究本部長として勤務し、2008年12月退官。2009年から防衛大学校教授[1]

在職時より、米政府・軍の高官らと緊密なネットワークを構築。また、研究本部の創設・運営にも尽力。自らも「軍人スカラー(warrior scholar)」などと自称して、現職時代から多くの雑誌・専門誌・カンファレンス等に論稿・コメント等を発表し、制服組を代表する論客と自称している。防衛大学校教授(防衛学教育学群安全保障・危機管理教育センター長)として日米同盟軍事史の教育を行う一方、論壇でも活動している。

2011年3月14日に発生した東日本大震災に際し、9月まで危機管理・復興問題担当の内閣官房参与を務めた。国際大学国際関係学研究科教授や、東京財団上席研究員も歴任[2]

2017年7月、外務省の核軍縮の実質的な進展のための賢人会議委員に就任[3]

出典編集

  • 防衛年鑑(2008)
  • 防衛省将官人事(2005年~2008年)

脚注編集